【「変」だ】理科大跡地の工事で周辺道路の段差

 理科大跡地の巨大物流施設の工事が進んでいる。
 もともと敷地の西端に遊水池があって、それを掘り下げる工事が行われているのだが、その外側の道路が沈下しているらしく、用水路の橋との間に段差が生じている。
 一部にはスロープになるように補修したらしい跡もあるが、段差に気付かずにつまずいて転倒した人もいるという。
 市は把握しているのだろうか、またどのように対応するのだろうか。
f0153547_11371432.jpg
18日にはカラーコーンが置かれていたが、誰が置いたのか。
19日(下の写真)にはカラーコーンは撤去されていた。
f0153547_11442757.jpg
完全に亀裂が入って段差が生じている。
f0153547_11371318.jpg
【下】用水路の隔壁にも亀裂が生じていた。
コンクリートを塗って補修?している人がいたが、それでいいのかな。
f0153547_11460311.jpg
f0153547_11460210.jpg

[PR]

# by tomoni_k | 2018-01-19 11:53 | 「変」だ

【「変」だ】 街路樹も学校の樹木も、丸太ん棒

 久喜市は昨年3月に「街路樹管理指針」を策定した。
 これは、街路樹の管理、特に「適切な剪定」を行うための、市の自主的な指針を定めたものだ。
 これまでの久喜市の街路樹の剪定が、夏でも冬でも徹底的な強剪定で、夏か秋口にはほとんど枝葉を落とした丸太ん棒状態にしてしまうやり方だった。
 それに対して、「適切な剪定」というのは、周辺の住宅や道路環境に合った剪定であって、いわばできるだけ樹木それ自体の活力を活かした自然樹形に近い人工樹形を言う。
 誤解されては困るのだが、私たちは「切るな」と言っているのではなくて、「適切な剪定」を提言しているのだ。
 さて、久喜市の街路樹管理、特に剪定方法はどう変わったか。

(1)11月末から12月にかけて剪定された青葉中央通りのプラタナスは、またまた丸太ん棒状態にしてしまった。
 どうやら、街路樹管理指針などは関係ない!とばかりに、無視しているようだ。
f0153547_08032540.jpg
 これは丸太ん棒状態というか、樹木の生きたオブジェを創っているのだろうか。
f0153547_08032626.jpg
 (2)11月議会で、東中学校周辺の歩行者用道路の街路樹が放置されっぱなしになっているという指摘があって、さっそく剪定されたのだが、これも丸太ん棒にされてしまった。
 これが適切な剪定なんだろうか。
 ここは住宅地の中で、自然林じゃないんだから、放置されて伸び放題も困るけれど、逆に丸太ん棒状態にするというのは極端ではないか。
f0153547_08081116.jpg
(3)11月議会で、学校の樹木の管理について質問が出たら、こういう対応だ。
 街路樹ではないから、「街路樹管理指針」には縛られないということだろうか。
f0153547_08124684.jpg
f0153547_08124784.jpg
まん中の樹木、まるで電柱

[PR]

# by tomoni_k | 2018-01-13 08:19 | 「変」だ

【「変」だ】 人も通さないの?

 今日の午前中に青葉3丁目を自転車で活動していて、水道工事現場に出くわした。
 私はこの写真の工事現場の向こう側から来て、この交差点を渡りたかったのだが、交通整理員さんが「通れませんよ」と言うので、仕方なく大回りしてこちらがわに来たのだった。
 「歩行者も通さないの?」と聞くと、「側溝のフタの上を歩くんなら行けるけど」と、要するにダメだということだ。
f0153547_19222161.jpg
 よく見ると、端の方に資材が置いてあって、それをどかせば通れるように思えた。
 それに、今までいろんな工事現場を見てきて、車の通行止めは仕方ないとしても、歩行者や自転車まで完全に通さないというのは初めてだ。
 水道施設課長に電話して聞いてみたら、やっぱり歩行者や自転車については、穴の上に板を渡すなどして、あるいは工事をいったん中断してでも、通行させるように指導しているという返事だった。
 ということは、ここの工事現場で、たまたまうまく指導が通じていなかったということか。
 あらためて、住民にできるだけ迷惑をかけないことが最優先なので、工事発注の際には業者にきちんと指導を徹底するように要請しておいた。

[PR]

# by tomoni_k | 2018-01-10 19:36 | 「変」だ

理科大跡地で巨大物流施設の建設が進んでいる

 正月明けから、市の教育委員会事務局(教育部)が、東京理科大跡地に移転した。
 左の建物が教育委員会が入った理科大の元校舎で、右が建築中の巨大物流施設であるが、本当にデカい。
 建物は、延床面積約15万5600㎡、建築面積3万9900㎡、4階建てというが、もっと高くなるのだろうか。
 こちらから向こうの端まで200m、高さ31mの壁ができあがることになって圧倒される感じだ。
 旧校舎はこれからさらに改修を進めて、1~2年後には生涯学習センター、子育て支援センター、こども図書館などが入ることになる。
f0153547_16461178.jpg
 反対側にまわると、そこには養護老人ホーム偕楽荘がある。
 下の写真は進入路の前から撮ったもので、物流施設の手前の左側の樹木は偕楽荘の敷地だ。
f0153547_16461221.jpg
物流施設の入り口から撮った写真で、右が偕楽荘。↓
f0153547_16461098.jpg



[PR]

# by tomoni_k | 2018-01-06 17:05 | 「変」だ

空飛ぶペンギンたち

高層ビルを背景に、悠然と空を行き交うペンギンたち
f0153547_15310440.jpg
鰯の群れが、力強く、銀鱗をひらめかせて突っ走る
f0153547_15354041.jpg
今年もお正月に、サンシャイン水族館に行ってきました。


[PR]

# by tomoni_k | 2018-01-05 15:38 | いいもの

1月2日、午後5時36分のスーパームーン

f0153547_21570103.jpg
昨日、散歩中に見たスーパームーン
1日遅れのアップになってしまったけれど


[PR]

# by tomoni_k | 2018-01-03 22:00 | いいもの

【たいへんだ】衛生組合のし尿処理施設の故障(事故?)で処理不能!

 久喜宮代清掃センターのし尿処理施設の“故障”で、汚水処理ができなくなったとの連絡を受けて、とりあえず現地を見てきました。
 下の写真はし尿処理施設の全景で、まん中の建物が今回“事故”を起こした施設です。
f0153547_16443940.jpg
↓ 職員が指さしている先の配管に亀裂が生じて、し尿汚水が噴き出しました。
 これは、配管の右方の壁の向こうに設置されたタンクから、2階の「膜分離装置」に汚水を送る配管で、ここから数時間、汚水が降り注いでいたらしい。
f0153547_16443972.jpg
↓ 破損した配管のすぐ下に、この配電盤があって、電気系統をストップさせてしまったのだそうです。
  この配電盤を全部交換しなければなりません。
f0153547_16444026.jpg
↓ この床に汚水が40~50㎝も浸水していたそうで、清掃に丸1日かかったそうです。
f0153547_16444022.jpg
 電話や説明文書を読んだだけでは、やっぱり現場を見ないとわからないものですね。
 現地で、職員から説明を聞いて、やっと深刻さが伝わってきました。
 衛生組合の職員、委託業者の従業員は、先週の土曜日からけんめいの作業を行い、早期復旧へ向けて年末年始ものんびりとはしていられない状態であろう皆さんには頭が下がります。

 ただ一つだけ、26日の夕方にようやく私たち議員に連絡が入ったわけですが、せめて月曜日の朝か、その日のうちにでも、第一報をいただきたかったと思います。
 今年1月31日には八甫粗大ごみ処理施設で火災が発生したのでしたが、この時にも議員への連絡はかなり後になってからでした。
 緊急事態の対応として、久喜市・宮代町への連絡と同時に、議員にもまず第一報をしておいて、その後の対応方針はある程度固まってからでもいい、そういう緊急事態対応マニュアルを作っておいた方がいいのではないでしょうか。
 緊急事態の内容によっては、市民から議員に問い合わせが来て、説明しなければならないこともありうるので、今度、提案してみようと考えています。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-12-28 17:04 | たいへんだ

【「変」だ】 「太田地内」って

 12月25日(月)8時17分、市の防災無線が
 「こちらは、防災くきです。
火災についてお知らせします。
ただ今、久喜市太田地内で火災が発生しました。
担当消防団は出動してください。」
という火災情報を伝えてくれた。

 これを聞いた市民から、『いったい火災がどこで起きたのかわからない』と言われたのは当然であったろう。

 “太田地内”とは、昭和20年代に旧久喜市が合併する前の「旧・大田村」地区のことだ。
 吉羽、西、今の久喜東の一部、野久喜、古久喜、JRの西側の久喜北、さらに青葉、青毛、栗原も含む。
 幸手と接する地域から、県道大宮栗橋線の西側までの広い地域だ。
 今の久喜市には大字でも小字でも「太田」という地名は残っていなくて、「太田小学校」にその痕跡を残しているだけだ。
 市民でもよほどの年配者でもないと、「太田地区」と言われて、それがどこの地区を指すのかわかる人は少ない。
 実際、この日の火災現場は青葉1丁目の公団青葉団地内だったのだが、議員や市の職員に聞いても、ほとんどの人は太田小学校の近辺だろうと思っていた人が多かったようだ。

 せっかく防災行政無線で放送しても、市民にどこの地区のことだか伝わらないのでは意味がない。
 その日、市の消防防災課に行って、課長は不在だったが、「太田地区」とか「太田地内」という言い方は改善を検討した方がいいと伝えておいた。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-12-27 22:09 | 「変」だ

【「変」だ】 久喜駅東口、点字ブロック上の放置自転車

久喜駅東口広場外側の歩道上に、最近いつも数十台の自転車が並んでいる。
放置自転車なのか、通勤者が置いていったのか、駅近辺に用事ある人が一時的に置いているのかはわからないが、いつ通っても置いてある。
問題なのは、多くの自転車が歩道上の点字ブロックの上にかかっていることだ。
f0153547_12062644.jpg
f0153547_12061826.jpg
f0153547_12071846.jpg
視覚障害者が通りかかったら途方に暮れるだろうことは、誰が考えてもわかる。
この間、点字ブロックの上に乗っていた自転車をどかしていたら、にらまれてしまった。

もっと問題なのは、市がこの自転車を放っておいて、いっこうに片付けようとしないことだ。
久喜市には放置自転車防止条例もあるし、このような放置自転車を整理するために、シルバー人材センターに委託して整理員も配置しているのだが、このの場所の放置自転車がいっこうに減らないのはどうしたわけか。
市の職員でここを通る人がいるはずだし、仕事で通りかかることもあるだろうが、見て見ぬふりをしているのか。
あるいは、自分が所管する仕事以外の問題は、関心がなくて、見ていても見えていないということだろうか。
こういう無関心体質は、久喜市の職員に蔓延しているように思えるのだが、いかがか。
11月定例市議会が来週始まるので、一般質問で取り上げることにして、質問通告に入れておいた。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-11-22 12:09 | 「変」だ

【「変」だ】「市長への手紙」の箱はごみ箱状態

久喜駅の橋上通路に、「市長への手紙」の用紙や封筒が入った箱が設置されている。
時々、空っぽになったまま放置されて、他の関係ないチラシが入っていたりする。
以前にも何度か取り上げたことがあったのだが、ここに写真を載せるとすぐに職員が対応してくれる。
しかし本来なら、定期的に巡回して、封筒などを補充していくべきではないか。
f0153547_18200204.jpg
これはJRの出札の前に設置された箱だが、こちらも空っぽのままだ。
f0153547_18200353.jpg
空っぽなのかと思ったら、上からのぞいたら、紙くずやティッシュなどのごみ箱になっていた。
f0153547_18200059.jpg

[PR]

# by tomoni_k | 2017-11-17 18:29 | 「変」だ

久喜駅西口広場の案内板の破損とケヤキ伐採

【11月17日】
下の記事をアップしたのが11月8日だった。
全面を白紙で覆ったのは、どうやら私の提案を受け入れてくれたらしい。
f0153547_18412633.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------------
【11月8日】
久喜駅西口広場のエスカレータ前の案内板のガラスが割られてしまった。
市の都市整備課の話では、酔っ払いの仕業らしいと言う。
貼り紙には「ガラス破損につき修理を手配中です。ご迷惑をおかけしますが、復旧まで今しばらくお待ちくださるようお願いします。」と書かれている。
中に掲示されていた案内図もぼろぼろに汚らしく破かれていたので、これも酔っ払いの仕業かと聞いたら、ガラスの破片で傷付いたので市の職員がはがしたのだという。
もうちょっときれいにはがすとか、できれば修理が完了するまでの間、布か白い紙ででも覆うとかして、スマートにできないものか。
f0153547_18453050.jpg
こちらは同じ西口広場のけやきの木が根元から伐採されてしまった。
2週連続の台風で、幹が割れてしまい、危険なので伐採したという。
このままにしておくのか、植え替えるかはまだ決まっていないらしい。
f0153547_18452808.jpg


[PR]

# by tomoni_k | 2017-11-08 18:57 | 「変」だ

【「変」だ】 星座12宮の点滅は故障中

 県道幸手久喜線 青葉グラウンドの交差点にかかる歩道橋である。
 1980年に青毛小学校が開校してまもなくの頃に、子どもたちの通学安全のために設置された。
 3方向の階段に星座12宮のパネルが貼り付けられていて、夜はブラックライトで点滅している。
 しかし30数年もたつと故障するのもやむを得ないことなのだろうが、現在では2方向の階段のパネルは配線が切れていていつも真っ暗なままだ。
 この1つの階段だけが、さびしく点滅し続けている。
 古すぎてもう修理もできないかも知れない。
f0153547_11304972.jpg
こちらは故障中で真っ暗 ↓
f0153547_11304992.jpg
 もっとも、子どもたちは明るい内に下校してしまうので、この星座12宮の点滅を、子どもたちが見ることはもともとなかった。
 もはや、点滅していてもいなくても、どうでもいいことで、修理する必要もないことかも知れない。
 そうそう、この階段は「7・5・3の階段」と言って、7段、5段、3段を繰り返す構造で、子どもたちが調子よく上り下りできるようになっているというのだが、かえってリズムが壊れるという感想も聞いた。
 今では、地盤沈下で、階段が2段増設されたので、「9・5・3の階段」になっている。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-10-20 11:52 | 「変」だ

教育環境委員会で行政視察に行ってきました

 10月3日から5日(木)まで、市議会教育環境委員会で行政視察に行ってきました。
 3日(火)は長野県青木村のインクルーシブ教育の実践、4日(水)は新潟県糸魚川市の「0歳から18歳までの子ども一貫教育」「ジオパークの取り組み」、5日は長野県松本市の学校給食センター、特にアレルギー対応食の取り組み」を視察してきました。
 具体的な視察の内容と成果については、別に報告します。

 各地の自治体を訪れると、さまざまな観光や交流の活発化をめざしての工夫が見てとれます。
 3日に青木村の視察を終えてから糸魚川市へ移動し、その日の夕方、北陸新幹線糸魚川駅の改札を出ると真っ正面に、このような映像が映し出されていてびっくりしました。
f0153547_16455021.jpg
 市役所でこのスペースを持っていて、お客様が来ると『歓迎』の映像や、他にもいろいろなお知らせを映し出すのだそうです。
 これは糸魚川市を訪れる人々や市民をも、楽しい気持ちにさせるでしょうね。
 糸魚川市ではホテル・ルートインに宿泊して、翌朝6時に起きて日本海まで歩きました。 
f0153547_16505544.jpg
 4日の午前中に糸魚川市役所での視察を終えて、その日の内に松本市へ移動しました。
 ちょうどこの日が満月で、松本市で松本城のライトアップと中秋の名月を楽しめるイベントをやっているというので行ってみましたが、残念ながら月は雲に隠れて見えませんでした。
f0153547_17005105.jpg
 翌5日は松本市西学校給食センターを視察して、1時過ぎに松本駅へ戻ってきましたが、そこでちょうど、期日前投票所の設置工事をしていました。
f0153547_17024182.jpg
 広い通路の改札口の前に設置しているので、これなら期日前投票の効果も上がるだろうと思いました。
 久喜市の期日前投票は、11日から、久喜市役所、各総合支所、モラージュ(午前10時から)、久喜駅西口のクッキープラザ(正午から)で期日前投票ができます。
 ⇒【久喜市選挙管理委員会のホームページへのリンク】

[PR]

# by tomoni_k | 2017-10-06 17:16 | いいもの

【「変」だと思う】久喜ではイスの穴をテープで補修する

 市役所1階ロビーの長いすはあちこちに穴が空いて、こんな風にガムテープで補修されているのだけれど、これでいいのかなあ。
 久喜市では「おもてなし」に力を入れているのだけれど、見た目なんか気にしないで中身が大事、イスを買い換える費用も節約するケチケチ作戦は、果たして評価するべきなのか。
f0153547_18282549.jpg
 そういえば、このロビーには最近、プラスチックの固いイスが増えてきたのだけれど、これは、座り心地よりも、穴が空かないような材質に変えてきているのだろうか。


[PR]

# by tomoni_k | 2017-09-28 18:38 | 「変」だ

【「変」だ】 公園の枯れ木がとうとう倒れた

青葉公園の枯れ木がとうとう根元から折れて倒れた。
先日の台風18号の強風のせいだったかどうかまでは確認していない。
f0153547_17534136.jpg
青葉公園には立ち枯れた木がたくさん残っていて、私のブログにも書いたことがある。
その記事の3枚目の写真が今回、倒れた。
市の建設か公園緑地課では枯れ木を全部片付ける予算がないので、危険と判断したら対処すると言っていた。
つまりは倒れるまで放っておくという意味らしいが、それでいいのか。
この倒木のすぐ脇にも遊歩道があるが、通行人がけがをしなくて幸運だったと言うべきか。
職員は台風の後、見廻りくらいはした方がいい。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-09-25 18:08 | 「変」だ

青毛・エンゼル公園の駐車場整備工事

 青毛4丁目のエンゼル公園で、駐車場整備工事が始まっています。
 この公園は区画整理で造成されたものですが、子どもたちが駆け回るに十分な広さですから、近所の人たちだけでなく、かなり広域から遊びに来ています。
 当初はそんなに広域的に利用されるとは想定していなかったので、駐車場を作りませんでした。
 ところが車で来る人もけっこう多くて、周辺への路上駐車が絶えなくて、当初から周辺住民の苦情が寄せられていました。
 それで、市もようやく駐車場を作ることにしたようです。
 駐車場の広さは車17台分、その内2台分は障害者用駐車場です。
 工期は11月末ですが、11月中旬までには完成する見込みです。
f0153547_17000049.jpg


[PR]

# by tomoni_k | 2017-09-23 16:55 | いいもの

【「変」だ】 公文書館の非常階段の手すりは欠陥工事!?

 公文書館の耐震工事が行われているので、職員も市民も、裏の非常階段から事務室に出入りしている。
 7月18日のブログで、非常階段にも手すりを設置するべきではないかと書いた。
 【参照⇒「非常階段にも手すりが必要だと思う」へのリンク】
 さっそく設置されたのだが、片側だけで、上りの時は右側、下りの時は左側だけということになる。
 これでは片手が不自由な人にとってはたいへん困る。
 健常者は片側だけ付いていればいいと考えがちで、往々にして身体の不自由な人のことには配慮が行き届かない、その典型的なケースだ。
f0153547_16043494.jpg
その手すりに、ビニルシートが巻かれているのは、ステンレスの手すりが熱くて握れなくなってしまうのだそうだ。
 外階段の直射日光が当たるところの手すりを、ステンレス製にしたのは設計ミス・欠陥工事ではないか。
 このビニルはすぐにぼろぼろになってしまうだろうから、そのたびに、あるいは毎年夏の前に付け替えるつもりだろうか。
 今のうちに工事をやり直した方がいいと思う。
f0153547_17455639.jpg

[PR]

# by tomoni_k | 2017-08-25 18:00 | 「変」だ

【「変」だ】 政務活動費をあてにしたビジネス??

 テレビで話題になっていた宮崎元衆議院議員の「セミナー」とやらは結局、中止になったらしい。
 当然と言えば当然だが、それでも10人ほどが申し込んでいたということに驚いた。
 このセミナーに参加しようとしていた議員さんは、こんなものに市民の税金である政務活動費を使うくらいなら、市に返還したらよかろうと思う。
 下のチラシは8月上旬に久喜市議会事務局に全議員分が送付され、事務局で各議員に配布して、私も含めほとんどの議員は即、ごみ箱行きとなっていたのだが、改めて探したら出てきた。
f0153547_17274653.jpg
 実は、議員事務局にはしょっちゅう、下の写真のようなきれいなカラー刷りの「地方議員研究会」とか、「○○セミナー」「○○講座」の案内が送られてきて、事務局が議員に配布している。
 これらのほとんどが、一つのテーマについて1日に2時間~2時間半の講座が午前と午後の2回あって、受講料は「1講座1万5000円」というのが共通している(午前と午後を通しで受講したら3万円だ!!)。
 久喜市議会の政務活動費は1議員に1か月3万円だから、私などの感覚から言えばこんなばか高い研修会にはとても参加できない。
 それにしてもこれほどしょっちゅう多くの研修会の案内が来るということは、よほど受講者が多くて繁盛しているのだろう。
 おそらく全国のすべての地方議会に議員の人数分送っているのだろう(都道府県市区町村議員は全部で3万数千人)が、私は、これらはもしかしたら、政務活動費の使い途に困っている地方議員をターゲットにしたビジネスではないかと思っている。
f0153547_17280046.jpg
 私自身も政策を勉強するために多くの研修会に参加しているが、ほとんどが参加費1500円とか高くても5000円くらいまでだ。
 探せば、受講料が安くて質の高い研修会がいくらでもある。
 また近隣の議員さんたちといっしょに研究会を組織していて、1年に4~5回くらい、講師を依頼して勉強会を開いたりもしているが、年会費5000円は政務活動費からは出ないので自己負担だ。
 それでも議会報告の印刷代や郵送料、資料購入費、研修費などの支出で、年間36万円の政務活動費では足りないから、実際には倍以上を自己負担で持ち出している。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-08-21 18:15 | 「変」だ

【変じゃないけど】 吉羽大橋のからくり時計・続編

 吉羽大橋のからくり時計は、ずっと「故障中」の貼り紙が出ていたが、現在は時計だけが動いている。
 以前は時間ごとに童謡が流れ、球のフタが開いて人形たちがまわっていたのだが、結局修理できないで、からくりの電源は切ったらしい。
f0153547_16393615.jpg
 担当課長から「時計だけを動かすことにした」と連絡があったので、とりあえず人形たちはこのまま残しておくことにしたらしい。
 丸い球の中にも人形たちがいるので、下から見えるように、球の上のフタを外してはいかがかと提案している。
【参照→5月26日、故障したからくり時計の記事へのリンク】

[PR]

# by tomoni_k | 2017-08-16 16:42 | 「変じゃない」けど

久喜市の街路樹管理は変わったか(1)

 久喜市役所は今年3月に「街路樹管理指針」を作成しました。
 昨年までの久喜の街路樹の剪定方法は、夏期も冬期も徹底した強剪定でした。
枝を伸ばさせない、葉を繁らせない、夏は鳥が集まらないように、秋口には落ち葉が落ちる前に全部剪定して落としてしまっていました。
 こういう剪定方法から、どう変わるのか、注目しているところです。
 新「指針」では、夏期剪定は「枝葉の生育が終わり新梢の組織が固まる7月から9月の時期に、樹冠の乱れた部位や混み合った枝等の剪定を行う」と規定し、「樹冠の乱れを整え、必要最小限の剪定を行う。台風などによる倒木や落下枝の防止のため、軽剪定を行う。支障となる枝や混み合った枝の剪定を行う」としています。
 しかし市の担当課の方針と職員の意識、造園業者のこれまでに染みついたやり方が、変わるのかどうかが問題です。

 今年8月、青葉中央通りのプラタナスの剪定後の姿です。
f0153547_14592326.jpg
 昨年7月の剪定と少しは違えたのかどうか、昨年の写真と比較してみて、あまり変わらないように見えます。
 好意的に見れば、幾分、昨年よりも葉が多いかなといった感じはします。

 こちらは栗原のサルスベリです。
 昨年11月には、まるで丸太棒でした。
f0153547_15202181.jpg
 今、赤や白い花が満開です。
 昨年は根元からヒコバエが伸び、幹のあちこちからも横に枝が伸びて、歩行者の支障になるほどでしたが、今年は低い位置の枝はきれいに取り除かれているようで、少しは気を遣っているのかも知れません。
 これでまた、冬に丸太棒状態にされなければいいのですが・・・。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-08-16 15:18 | 「変じゃない」けど

【すばらしい】 虹

8月8日(火)午後6時、にわか雨の後、すばらしい虹が出た。
二重になっているのは珍しい。
f0153547_18260808.jpg
近所の人たちも道路に出て眺めていた。


[PR]

# by tomoni_k | 2017-08-08 18:28 | いいもの

平沼落堀川の水門は動くのか

 20年くらい前、青葉5丁目地区で降雨時にはたびたび道路冠水や住宅への浸水被害が起こっていた。
 マンホールから雨水が下水道に流れ込んで、家庭のトイレが流れなくなったり、ひどい時には逆流したりした。
 根本的には地盤沈下で雨水排水がうまくいかなくなっていることが問題だったのだが、何とか浸水被害を防ごうとしていろいろな対策を取ってきた。
 私も、議会で何度も具体的な対策を提案した。
 その結果、平沼落川の浚渫と柵渠のかさ上げ、住宅地から雨水が流れ込むU字溝に逆流防止弁の設置、青葉小学校のグラウンド地下に雨水浸透貯留槽の設置、5丁目公園の地下に雨水の一時貯留槽と排水ポンプの設置、平沼落川が青毛堀に流れ込むところに逆流防止の水門の設置などが実施された。
f0153547_08394210.jpg
平沼落堀川の水門、向こうは青毛堀川

 だいたい1990年代後半から2000年頃までに、これらの対策工事が実施されて、その後も豪雨時に一時的に道路冠水することはあるが、以前のようなひどい浸水被害は減少している。

 先日、5丁目の住民から、平沼落川の水門の管理はちゃんとやっているのだろうか、点検はしているのだろうかと聞かれたので、管理担当課である市の下水道課に問い合わせてみた。
 ちょうどこの水門が設置された頃、青毛堀の改修で流量に余裕が出てきていたこともあって、設置されて以降、青毛堀からの逆流防止のために実際に水門が閉められたことはない。
 だから、この20年くらいの間、点検も動作確認も行われてきていなかったらしい。

 しかし最近はたびたび異常気象やゲリラ豪雨の発生もあるから、いつ実際に動作させることが必要になるかもわからないので、点検と動作確認はしておくべきだろう。
 というわけで、7月18日、上下水道部長や下水道課長、担当職員が点検に来たのだったが、水門を下げるモーターが動かない。
 手動のハンドルは動くようだが、うかつに作動させて閉めてしまったら、その後で元通りに開けられるかどうかもわからない。
 それでこの日はあきらめて、あらためて図面を確認して専門業者に依頼する方向で、検討することになった。
f0153547_08395472.jpg
職員が水門の上に上って動かそうとしたが…


[PR]

# by tomoni_k | 2017-07-19 08:45 | 「変」じゃない

【「変」だ】 非常階段にも手すりが必要だと思う

 情報公開請求をするので、このところ何度か、市役所裏の公文書館に足を運んでいる。
 現在、大規模改修をしているので、初めて裏の非常階段から出入りしたのだが、ここに手すりがないことに気がついた。
f0153547_17584109.jpg
 中の階段に手すりがあるのは当然として、本当は非常階段にこそ手すりが必要なのだと思う。
 非常階段は、文字通りに「非常」の際に人が避難するために駆け下りたりするので、そういう時こそ手すりがないと危険だろう。
 館長に手すりの設置の計画について聞いてみたら、現在の改修工事に合わせて設置することになっているとの答えで、一安心した。
 市役所本庁舎でも、以前は非常階段には手すりは設置されてなかったのだが、2011年に私が一般質問で取り上げて、やっと設置された。
 その時に、市の他の施設でどうなっているかまでは調べなかったのだが、隣の公文書館で未設置のままだとは気がつかなかった。
 この分では、他の公共施設でも、非常階段に手すりのないところがまだ残っているかも知れぬ。
 調べてみる必要があるかもしれない。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-07-18 18:18 | 「変」だ

【「変」だ】 理科大跡地の超巨大物流施設の建設工事 

 理科大跡地への物流施設の建設が始まっています。
 市では周辺環境を悪化させないために、「地区計画」を定めて規制をかける方針を明らかにしていましたが、結果的にはほぼ計画通りの物流センターの建設が容認されました。
 マルチテナント型の物流施設「イーシャンレッドウッド 久喜ディストリビューションセンター」
 敷地面積:8万1000㎡
 建設規模:延床面積約15万5600㎡、建築面積3万9900㎡、4階建て、高さ31m
 着工:2017年6月1日
 竣工:2018年9月末(予定)
f0153547_11052998.jpg
f0153547_11061807.jpg
f0153547_11063571.jpg
 これまでの理科大敷地内のグラウンドのまわりの樹木の多くはすでに伐採されました。
 調整池も狭くなっていますが、市では、多量降雨時の周辺の冠水を防止するために調整池を掘り下げて現在の1.6倍程度の容量を確保させたなどとしています。
 完成すれば、タテヨコ200m、高さ31mの超巨大な箱形の施設がどーんとそびえることになります。

 西側の老人ホーム偕楽荘、南側の久喜特別支援学校、東側に開設する予定の市の生涯学習センター・子育て支援センターの目の前に高さ31mの壁が200mも向こうまで延々と続いている光景、その圧迫感はどんなでしょうか。

 進入路は、養護老人ホーム偕楽荘の南側に、車道幅員9m、延長100mの道路が新設されます。
 すでに工事用道路として使われていますが、偕楽荘のすぐ南側に接して工事用トラックがひんぱんに出入りし、これまで静かでのどかだった景観も環境も一変してしまいました。
 下の写真は工事現場入り口から見た老人ホーム偕楽荘(右)と偕楽荘の敷地に接した工事用道路です。
 この道路がさらに拡幅されて進入路になります。
f0153547_11065873.jpg
 物流施設が完成すれば、ここを24時間365日、トラックが走ることになります。
 市に交通量がどれくらいになるのかの予測や対策を問い合わせても、まだテナントが決まらないのでわからないと言うばかりで、真剣に環境を守る意志があるのかどうか疑問です。
          ----------------------
 加須市に、同じレッドウッド加須ディストリビューションセンターという物流施設が、今年1月に完成しているので、見に行ってきました。【写真・下】
 高さは4階建て約30mで久喜とほぼ同じですが、建築面積8000㎡、延べ床面積3万3000㎡です。
 久喜と違うところはこちらは工業専用地域で、まわりには工場や倉庫が並んでいます。
ボリュームとしては久喜の5分の1ですから、ということは、理科大跡地には、これの5倍の施設が建つことになります。
f0153547_11074280.jpg

[PR]

# by tomoni_k | 2017-07-08 11:34 | 最悪だ

【変じゃないけど】職員おそろいのオレンジのポロシャツ

久喜市役所の国民健康保険課、職員がオレンジ色のポロシャツを着て応対いるのを見かけた。
f0153547_21132411.jpg
これは「特定健診を受けましょう」というキャンペーンらしい。
ポロシャツの背中に「特定健診お早めに」というロゴが入っているのだが、残念ながら、カウンターで応対している市民には見えない。
と言うか、文字が小さいので、後ろを向いたときでも読み取れないのはもったいない。
先日、職員の皆さんがオレンジのポロシャツを着ているのを見かけたのだが、翌日に通ったときには私服だった。
聞いてみたら、市の正規職員(常勤職員)にだけ市から貸与していて、週1日、月曜日にだけみんなで着ることになっているのだという。
せっかくのキャンペーンなら、臨時職員にも配布して、全員で毎日着てもらってはいかがか。
また、市民に応対する胸のところにもっと大きくロゴを書かなければ、市民には意味が伝わらない。
大胆な宣伝ができない、あるいは宣伝しても控えめで効果は二の次なのは、いかにもお役所らしい。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-07-06 21:28 | 「変じゃない」けど

【「変」だ】手綱(たづな)

f0153547_14474090.jpg
青葉グラウンドに何本か立っている注意看板。
私も犬の散歩をしていて、向こうから来る人の犬がつないでいなくて急に寄ってきて困ったことがあった。
向こうの飼い主は『おとなしいから大丈夫ですよ』と悪気なく笑っていたのだが、そういう問題ではないだろう。
知らない犬の気持ちが、こちらにわかるわけがない。
追い払ったら、にらまれてしまった。
だからこの看板はまったく正しい。
ただ、「手綱」(たづな)というのは、どの辞書を見ても、馬のくつわに着ける縄のことを言うとある。
犬をつなぐのは普通は「リード」、または「ロープ」か、「ひも」だろう。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-05-28 14:59 | 「変」だ

【「変」だ】 人形たちが不気味な音を立てて回り続けている⇒翌日、止まった

【5月26日 記】
下の記事を書いたのが5月24日だったが、25日の昼過ぎに通ったらもう止められていた。
さて、これからどうするのか、市の方針は決まったのだろうか。
課長が話していたような「撤去」するのにもお金がかかる。
そこで私の提案だが、「撤去」はせずに、時計と人形、ランプを、このまま残しておいていいのではないか。
もちろん、時計は動かし、ランプも点灯して、からくり人形たちの電源だけを切断すればいい。
できれば、丸い球の上をはずして、中の人形たちが見えるようにしてはいかがか。
橋の上のしゃれたオブジェになると思うが…。
f0153547_18471458.jpg
【5月24日 記】
f0153547_18441495.jpg
 青毛堀川の吉羽大橋の上にからくり時計が設置されている。
 1時間ごとに丸い球が開いて、音楽と倶に人形が踊りながら回転するのだが、今は「故障中」の貼り紙が出ている。
 丸い球が開いたままで、人形が回り続けているが、音楽は流れずに、「ギギギギギ・・・・・ギギギギギ」と不気味な音が響いているだけだ。
 少なくとも今年の初めから(もしかしたら昨年から?)この状態で回り続けているらしい。
 市はなぜ電源を切って止めないのか、不思議で仕方がない。
 今日、道路河川課長に電話で聞いてみたら、業者に修理できるかどうか問い合わせているが、古いので部品がなくてむずかしいらしいという。
 いったい何ヶ月前に問い合わせたのか、いつまで修理もしないでこの状態で放置しておくつもりだろうか。
 課長は、修理するか、撤去するか、時計だけを設置するかを、検討中だというのだが、とりあえず止めるという選択肢はないらしい。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-05-24 18:56 | 「変」だ

【「変」だ】 枯れ木も山の賑わいと言うけれど

青葉公園には立ち枯れた木がたくさん放置されている。
その中の何本かである。
この木は1週間ほど前にちょっと手をかけたらそのまま倒れてしまった。
市に連絡しようと思っている内に、3日くらい前に市の担当者が片付けていったらしい。
奥に立っている幹も完全に枯れているが、自然に倒れるほどではないので、まだこのまま放置しておくつもりらしい。
f0153547_16583112.jpg
手前の幹は完全に枯れて、1mくらいの高さで切られていて、左奥の木の低く伸びてきた大きな枝を支えるためにだけ残されている。
f0153547_16591153.jpg
下の2枚の写真の木も高さ10mくらいはあるだろうか、完全に枯れて、時々強風の時などに上の方の枝が落ちてくるのだが、それでも市は放置しておくらしい。
昨年、市の公園緑地課に連絡したことがあるのだが、わざわざ業者に依頼して金をかけて切るよりも、自然に倒れるのを待っているのだろうか。
f0153547_16592914.jpg
f0153547_16594584.jpg
この2枚の写真の木は、とっくに枝を落とされて、枯れた幹だけがオブジェのように残っている図である。
f0153547_17002697.jpg
f0153547_17004082.jpg
他にも何本かの写真を撮ってきたが、きりがない。
以前に一般質問で、街路樹の枯れ木の処理を求めたことがあるが、建設部長は、枯れ枝が落ちて危険な場合は処理すると答えたものだ。
「まだ危険でない」と判断した場合には、危険になるまで放っておくのが久喜市の方針らしいので、それ以上言う気にもならぬ。
何にでも、徹底して金をかけないのが久喜市行政の方針らしいが、それでいいのだろうか。


[PR]

# by tomoni_k | 2017-04-21 17:24 | 「変」だ

【「変」だ】市長は税金でロンドンまで行くのか?

 再度、川内選手の世界陸上出場について、いや、田中市長がどうしてもロンドンまで応援に行きたいという記事が、今度は埼玉新聞に掲載された。
 もちろん、「変」なのは田中市長のことである。
f0153547_11401743.jpg
 川内選手の壮行会が開かれたという記事の最後に、
---
 久喜市の田中暄二市長は「ロンドン大会への期待は大きい。悲願のメダルを獲得してほしい。(大会当日の8月6日にはロンドンに行く予定で調整している」と、現地応援の調整をしていることを明らかにした。
---
 とある。
 この盛り上がりからすると、多くの市民が現地に行って川内選手の応援をするのだろう。
 そしておそらくは多くの市民は、自分の自主的な応援の気持ちを、自費でロンドンまで行くのかもしれない。
 今日、市長は本当にロンドンへ行くつもりなのか、秘書課長に聞いてみたが、今のところ、「日程を調整中」であって、まだ公費でいくかどうかはわからないのだという。
 市長のお付きで、課長に出張でいっしょに行くようにという指示もまだなされてはいないらしい。
 市民が自分の思いと自分の費用で行くのに、市長だけが公務で、つまりは「職務で」市民の税金を使ってロンドンへ行って川内選手の応援をする(観光も)のは似合わない。
 当然、市長も、久喜市民としての熱意でロンドンまでどうしても行きたいならば、自分のお金で行くのがスジだろう。
 市民の目線、あるいは市民感覚、市民の目の高さからすれば、これが常識的判断ではないか。
 まさか、市長は市民から選挙で選ばれた市民の代表者なのだから、市民の税金を使って行くのがあたりまえだなどという考えは持っていないだろうと信じたい。
 市長のまわりにいる誰も、市長にそう指摘してあげる人はいないのだろうか。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-04-17 11:52 | 「変」だ

【「変」だ】久喜駅西口広場のタイルがあちこち破損

 今朝、久喜駅西口で『声と眼』の配布をしていたときのこと。
 広場のタイルがはがれてカラカラーッと音を立ててはじけ飛んだ。
 歩行者がつまずいたか、蹴飛ばしたらしい。
f0153547_09022816.jpg
近くにいた人が、はがれたタイルを拾ってきて埋めてはみたが、やっぱり浮いていてちょっと危ない。
人って、真っ平らな場所では、こんな小さな凸凹でもつまずくんだよね。
f0153547_09022957.jpg
まわりを見回してみると、あちこちでタイルがはがれていたり、そこら中にひびが入っていた。
f0153547_09022812.jpg
だから11月市議会の一般質問で、市民が写メで取って市に通報するシステムを提案したのだったが、市は「職員がパトロールしているから、市民からの通報制度は必要ない」と答弁した。
だけど、実際に、こういうのを、毎朝ここを通っている市の職員は気がつかないのだろうなあ。
仕方ないから、私が通報してあげることにしよう。

[PR]

# by tomoni_k | 2017-04-04 09:14 | 「変」だ