【いいもの】 「熟議」

f0153547_16392647.jpg

「熟議」である。
久喜市議会・政策会議の石川忠義代表の依頼により、
書家でもある春山千明議員が色紙に認めて、
会派控室の本棚の上にさりげなく置かれている。

「熟議」は、大辞林には「十分に論議・相談をすること」とある。
「熟考し議論する」の意だとする説もある。
「熟議」はごり押しや固執、あるいは論破ではなく、
合意形成の過程そのものである。

選挙や投票による多数決の決着を「集計民主主義」と言う人もいる。
それに対して、論議による合意形成はいわば「熟議民主主義」である。

「議会は熟議の場である」というのに異論がありえようか。
それとも“単なる理想論”として無視されようか。
これからの議会や民主主義を語るのに、「熟議」がキーワードになる。

      ---------------------------------
「熟議」については、
いずれ石川氏がもっと詳しく書くだろうことを期待している。
[PR]

by tomoni_k | 2011-01-04 17:18 | いいもの