【「いいもの」ですが】 久喜市役所太陽光第一発電所

f0153547_2131405.jpg
市役所本庁舎の西側、車庫棟の屋根の上に、太陽光発電機が設置された。
          -------------------------------------
市役所に問い合わせたら、管財課から以下のような回答が寄せられた。
【問】発電能力はどれくらい?
-答-1時間あたり約9kWです。
   パネル1枚190W×48枚の計算です。
【問】お金に換算するといくらくらい?
-答-1月6日の発電量の33kW/日で試算すると、535円です。
   東京電力に支払っている単価1kW/hあたり16.22円で計算しました。
【問】発電した電力は東電に売るのですか?
-答-すべて庁舎使用電力の一部として消費しますので、東電には売却しません。
【問】設置費用はいくらかかりましたか? その財源は?
-答-工事請負金額は、935万5000円です。
   その内、800万円が、埼玉県地域グリーンニューディール基金事業からの補助金です。
【問】いつから発電開始しているのですか?
-答-12月23日からです。
【問】発電量などは、どこかに表示してありますか?
-答-1回の受け付けの壁に、モニターを設置しています。
          -------------------------------------
 で、そのモニターがこちら。
f0153547_2132478.jpg
1月6日、午後3時現在、
現在の発電電力    2.1kW・・・蛍光灯換算53本
本日の積算発電量  31kW・h・・・1月6日の朝から午後3時まで
今年の発電発電量 183kW・h・・・1月1日から6日まで
今年のCO2削減量 58kg   ・・・1月1日から6日まで 
f0153547_21332148.jpg

 1日の発電電力量の推移がグラフで示されているが、8時台はほとんどゼロで、9時以降に急にグラフが伸びているのがわかる。
 「今は日が短いからなあ・・・」と思ったら、発電パネルの設置場所は市役所本庁舎の陰になっていて、9時ごろまではまったく太陽が当たらないのだった。
(下の写真は12日朝9時だが、半分はまだ庁舎の日陰に入っている)。
f0153547_21324568.jpg

 直射日光が当たらなくても、明るくなればそれなりに発電はするのだというが、やっぱり弱いには違いない。
 市民感覚としては、市役所の屋上か、文化会館の屋上にでも設置できなかったのだろうかと思う。
 もう一つ、市役所がこの《市役所発電所》の存在を、広報やホームページに載せるでもなく、市民に積極的に知らせようとしないのはなぜだろうか。
 庁舎1階の壁に設置してある「太陽光発電装置専用モニター」を見て、この太陽光パネルのことだと気付く人がどれくらいいるだろうか。
[PR]

by tomoni_k | 2011-01-13 18:33 | いいもの