【「変」だ】 久喜市も埼玉県も知らんぷり

f0153547_19153231.jpg
青葉4丁目、県道久喜幸手線の歩道に倒れているこの石は、もう半年も前からこのままである。
この道路の管理は埼玉県杉戸県土整備事務所の管轄であるが、そこの職員は石がこんな状態であることを知らないのだろう。
県土整備事務所の職員は、たまには自分たちの管理する道路を点検して歩いたらいかがか。
⇒9月3日の【「変」なもの】

もう一つ、変だと思うのは、久喜市から県土整備事務所へ、この状態をどうして連絡してあげないのかということである。
考えられることは、
(1)久喜市の職員も市内を見て歩いていないので、この状態を知らない。
(2)市の職員は市道のことは知っているが、県道については見ていないので知らない。
(3)市の職員は県道について知っていても、市は関知しないことになっている。
(4)市の職員が知っていても、県に恥をかかせないために知らないふりをしている。
(5)市の職員が知っていても、県に連絡するのが面倒くさいから放置している。

とにかく久喜市の職員は、自分の仕事以外は、見ない・聞かない・言わないの「三猿主義」らしくて、過去にもこんなことがあった。
⇒2011年12月7日
⇒2011年2月2日
⇒2007年の記事
⇒2007年、もう一つの記事
⇒2005年の記事
[PR]

by tomoni_k | 2012-02-24 19:51 | 「変」だ