【おもしろい】 ドアの下から青い手首が…

f0153547_19432380.jpg

ドアの下から、青い手首が出ている…、ミステリーではない。
市役所の非常階段の2階の非常扉の下の青いゴム手袋は、別に職員がふざけて置いたわけでもない。
久喜市役所の非常扉は、ドアストッパーが付いていないので、下に何か挟んでおかないと閉まってしまう。
節電で熱いので、少しでも風通しをよくしたので、こうやってドアを開けておいている。
久喜市の財政課はケチだから、ちゃんとしたドアストッパーを買ってもらえないので、木の切れっ端を挟んでいたが、すべっていつの間にか閉まってしまう。
それで、ゴム手袋を挟んだら、すべらないで開いたままにしておける、すばらしい工夫の所産なのだ…ユーモアかも知れない。
カネがないときはチエを使う(廃棄物のリサイクル?)、久喜市の職員は公務員のカガミである!!?
いいえ、絶対に“悪趣味”なんて言いませんよ。
[PR]

by tomoni_k | 2012-06-18 19:55 | 「変」だ