【いいなあ】 京都のまちなみツアー

 京都のまちなみ保全ツアーに参加した。
 私たちは普段、家と家の間の細い道を一般的に概括して「路地」と言っているが、京都ではそうした細い道を区別して呼んでいるということを初めて知った。
 行き止まりの道を「路地」(ロージ)と言い、抜けられる道を「図子」「辻子」(ズシ)と言い分けているのだという。
 これは路地
f0153547_192128.jpg
f0153547_1924513.jpg

ちゃんと「袋小路」と断って、人がやたらと入ってこないようにしているのだが、申し訳ないけれど、そーっと路地探検…。
f0153547_19314.jpg
こちらは辻子
f0153547_1933965.jpg
f0153547_194855.jpg
京都の町家
これらは商家で、2階は丁稚さんたちの寝床だそうだが、もちろん立って歩ける高さはない。寝るだけ?の屋根裏部屋みたいなところだろうか。
f0153547_1945533.jpg
f0153547_1951447.jpg
屋根の上には鍾馗様がいた。沖縄のシーサーみたいなものだろうか。
f0153547_1954320.jpg
ほら、ここにも
f0153547_196698.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2013-08-26 19:16 | いいもの