【「いいもの」だけれど】 西口大通りに、自転車レーンを設置

f0153547_1111188.jpg
 久喜駅西口大通りの中央公民館から西側の車道に、自転車レーンが設置されて、今後、駅の近くまで延長されることになっている。

 車道の両側約1.5mを青く塗って、自転車レーンとしたのだが、「市内第1号の自転車レーンがなぜここに?」という素朴な疑問はある。

 この道路は歩道が4m以上もあって十分に広く、【自転車通行可】となっているから、これまでも自転車は歩道を通行してきたのだが、今回、歩道の自転車通行が禁止されたわけでもない。

 バス停や交差点、右折車線のあるところは、青く塗られた自転車レーンが途切れていて、そういう場所は自転車は歩道を走れということになるらしい。

 ここの道路は車が駐停車していることが多いので、そういうときには自転車は車の右側にふくらんで走らざるを得ないのだが、ここを走る車はかなりのスピードを出しているからたいへん危険で、やはり歩道に戻った方が無難だろう。

 結局、現状では、自転車は、車道上の自転車レーンか、歩道か、どちらを走ってもよいということになるので、実際にはしばらく見ていても、ほとんどの自転車はこれまでどおり歩道上を走っているのが実態だ。

 とすると、わざわざこの道路で、車道上に自転車レーンを設置した意味がないのではないか。

 もしも、歩道上で自転車と錯綜する歩行者の通行の安全をはかるためであれば、今回のように車道上に自転車レーンを設置するよりも、歩道上に自転車通行帯を設けて歩行者と分離する方法もあったのではないかと思われるのだが、どうだろう。

 市の建設管理課と生活安全課の課長に聞いてみたのだが、市からこの路線への設置を要望したわけでもなく、設置前に県から市に相談があったわけでもないらしく、県の上の方からこの地域への設置を決めて、杉戸県土整備事務所の方でこの道路を選定したらしい。

 久喜市内の道路で、もっと狭い歩道でも自転車通行可となっている路線はたくさんあるが、けっこう危険な場面をよく目にするから、そういう路線にこそ、自転車レーンを設置する必要があるのではないか。

 両課長とも、そういう道路はいずれも道路幅員が狭いので、自転車レーンの設置は困難だろうと言っていたが、だからといってこのままでいいとも思えない。

 歩行者と自転車との分離、自転車の安全走行のためには、市内で自転車レーンの設置ができる道路がないか、どのようにしたら設置できるかを検討していく必要があるのではないか。
[PR]

by tomoni_k | 2013-10-11 11:05 | 「いいもの」だけれど