【いいもの】 文化会館の車寄せに障害者用乗降場所とスロープ

f0153547_10375537.jpg
久喜総合文化会館のバリアフリーが、また一つ進んだ。
南側の車寄せから事務室の入口へはスロープになっているのだが、その車寄せ自体が段差になっていた。
ここに新たに障害者用駐車スペースとスロープを設置して、車いすでそのまま入れるようになった。
以前は車いすの来館者は会館裏の駐車場から、長い距離をレンガブロックのガタガタ通路を通って来なければならなかった。
会館の運営と維持管理を指定管理者・ケイミックスに委託してから、会館前の広場からエントランスホールに直接入れるスロープ、さらに障害者用駐車スペースを設置した。
行政が管理運営していた時には、広場の真ん中や車寄せのいちばんいい場所に障害者用駐車スペースを設けるなどとは、残念ながら考えられもしなかった。
民間の指定管理者に委ねたことで、その自由な発想が、過去の慣例にとらわれないで、バリアフリーに正面から取り組んで広げてきたといえる。
今回の工事費用は約100万円で、市が負担した。
          ---------- 【参照】 ---------- 
⇒ 文化会館正面に車いす用駐車場ができた 2013/1/25
⇒ 文化会館 20年後のバリアフリー 2011/2/21
[PR]

by tomoni_k | 2013-11-06 11:06 | いいもの