太陽光線にさらされる絵画たち

f0153547_16440758.jpg
 ふれあいセンターのロビーに大きな絵画が2点、掲出されています。
 市の持っている美術品はすべて市民の財産です。
 したがって私は、これらは基本的に市民に見てもらえるようにすべきだと考えていて、昨年には一般質問で、市の所有する美術品の市民への公開や市のホームページでのデジタル美術館の取り組みなどを提案したりしてきました。
 しかし、ここの絵画の掲出方法はさすがに問題があるのではないでしょうか。
 この絵画たちは、毎日朝にはロビーの全面ガラスを通しての“直射日光”にさらされ続けているのです。
 美術品、特に絵画の管理状態としてはかなりの問題があると思っているのですが、いかがでしょう。
 ちょっと、絵がかわいそうです。

[PR]

by tomoni_k | 2016-02-21 16:56 | 「変」だ