宙に浮かぶ水道

中央2丁目、JR沿い
掲載日 2003年3月
f0153547_1822687.jpg 知っている人は知っている。
 つくば万博で、どこかの国が展示したものを、市内のある方がもらい受けてきて、ここに設置したものです。
 当時、「水の大切さを知るために」という趣旨だそうです。
 でも、「日本では水はただだ。空気から合成して、湧いて出るかのように、いくらでも使い放題。流しっぱなしでもなくなることはない」という意味だ、という皮肉な受け止め方をした人もいました。

 この不思議な蛇口のトリックは、現地へ行ってみればすぐにわかります。
 もっとも、最近は、電気代の節約のためか、水がとまっていることもあるようです。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-13 18:22 | 「変」だ