西口広場の、「美観」のためのチェーン

 久喜駅西口広場、歩行者と車道とを分離するチェーン。
f0153547_7322191.jpg
 ん? 何かぶら下がっている?

 広場ができてから十数年、このチェーンに足を引っかける人が意外と多くて、危ないなあと思っていた。
 朝の通勤時、送ってもらった車から下りて、気付かずにチェーンにぶつかったり、飛び越えようとして足を引っかける人もいる。

 私がずっと階段の下で『声と眼』を配ってきて、これまで目撃したので、まともに転倒してしばらくうずくまっていた人が1人、ころんだけど手か膝をついたくらいで、すぐに起きあがっていった人が2人。
 (十数年で2人や3人くらいじゃ、ほとんどいないってことだ、たいしたことはない、と言われればそれまでだが)。

 転倒しないまでも、つんのめってヒヤッとする光景もたまに見る。

 もしケガしたら、市に賠償請求できるんじゃないかなあ…、どうだろう。

 そこで昨年の6月議会の一般質問で、「このチェーン、かえって危ないから、はずしてもいいんじゃないの?」と取り上げた。

 普通、こういうチェーンは、歩行者が車道に飛び出さないようにということなのだが、実際には車の乗降をする人たちはチェーンをまたいで行き来している。

 歩車道を区別するチェーンが、その役割を果たしていないわけで、それじゃあなくてもいいじゃないか、はずしちまえ、と言ったら、過激すぎるだろうか。

 市の担当課は、このチェーンは広場の「修景」を考えて、関係者の意見も聞いて設置したので、はずすわけにはいかないと答えた。

 「修景」というのは、「公園などを、自然環境を考慮して整備する」ことであって、ちょっと趣旨が違うと思うが、まあ、当局は「美観のため」と言いたいわけだ。

 それじゃあ、安全のために、市がその後にどうしたかというと、チェーンの一つ一つに「またぐな」というフダをぶら下げた。 
f0153547_18561792.jpg
 さて、このフダは「修景」や美観に著しく反していると思う。
 「変」なものは、チェーンか、それともこのフダか。

 ところが、である。
 同じ西口広場で、南側の方に回ってみると、アレッ、ない!?
 やっぱり、チェーンはなくてもいいわけだ。

f0153547_1953030.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2008-04-11 19:15 | 「変」だ