復活!! 題名は書かない展示会

この記事は最初、2006年11月に書いた。f0153547_1623426.jpg
 公文書館で年に何回か、「企画展」を行います。
現在やっているのは、第20回企画展「写真と地図で見る太田の変貌」 です。
太田地区を中心にして、昔の久喜市内の写真、現代の写真と比較しながら展示されています。

 でも、玄関には「展示開催中」というだけの看板しか出ていません。
いつでもこの同じ看板を出しているんです。
 看板作製費の、わずかなお金を節約するためなんでしょうが、これじゃあ市民にはわかりませんね。
「展示」のテーマくらいは書いてもいいんじゃないでしょうか。あと、市役所のホールにも案内看板を出してほしいですね。

           ---------------------------------------------
掲載した直後に、上の看板の横に、市は企画展の題名を貼り出し、同時に市役所の玄関にも看板を出した。
それで、私も、この記事はお蔵入りさせて、このブログには載せなかった。
           ---------------------------------------------
ところが、下の写真は今日、2008年9月である。
f0153547_16292250.jpg

やっぱり役所の姿勢は変わってなかった。担当職員が変わったのかもしれない。

普通、イベントをやっている会場の玄関にこそ、何のイベントかをでかでかと書いて宣伝するものだと思っているが、役所は派手には宣伝しないのが主義らしい。
「市民のみなさん。おもしろい展示だから、ぜひ見ていってくださ~い」という宣伝にかける熱意はないらしい。

今やってるのは、
「新生 久喜町の誕生--公文書でたどる昭和の合併--」という展示である。

一応、市役所玄関の片隅に案内看板も出ていることも書いておこう。
控えめに横を向いているが…。
           ---------------------------------------------
【おまけ】
f0153547_16353445.jpg
昭和29年の合併記念品として、日の丸を全戸配布したらしい。
つい9年前まで、日の丸を打ち振って戦意高揚し、兵隊さんを送り出していた、その道具に使っていた日の丸を、今度は合併祝賀気分高揚のために全世帯に配ったわけか。
ずいぶんと税金のムダ遣いをしたものだ。

[PR]

by tomoni_k | 2008-09-01 16:46 | 「変」だ