【危ない!】 点字ブロックがふさがれている

 今日(15日)の朝、久喜駅西口の北側階段の下で『声と眼』を配布した。
 6時にこの場所に来てびっくり!
f0153547_08350868.jpg
 階段~交番前~エレベータ前へと続く点字ブロックを、完全にふさいで柵が置かれていた。
 視覚障害者がここを通ったら、引っかかって転倒しかねない。
 現に8時少し前に、白杖を突いて階段を下りてきた視覚障害者がぶつかりそうになった。
 あわてて駆け寄って「柵があるから危ない」と説明し、循環バス乗り場の方へ案内した。
 工事の人は何も考えずに柵を置いたのだろうか。
 工事を発注した市の職員はこの現場を見てもいないのだろうか。
 先ほど家に帰ってきてこれを書いている。
 8時半になったら市役所へ連絡して、直ちに撤去させようと思う。

[PR]

by tomoni_k | 2017-02-15 08:35 | 危ない!

八甫清掃センターの粗大ごみ処理施設で火災発生

 1月31日、久喜宮司衛生組合の栗橋・鷲宮地区のごみを処理している八甫清掃センターの粗大ごみ処理施設で火災が発生したという報告がありました。
 私は今日(13日)の午前中に八甫センターに行き、現場を確認するとともに職員から説明を受けました。
               ------------------------
 搬入された粗大ごみや燃やせないごみは、破砕機に投入されて細かく砕いた後、磁選機に運ばれて鉄やアルミ、プラスチック、燃やせるごみなどに分けられますが、その過程で何らかの理由で火災が発生したものです。
 午前11時30分頃に発生した火災は、散水機や消化器による初期消火では対応しきれず、結果的に消防組合に出動を要請して12時54分に鎮火したとのことですが、負傷者はいませんでした。
 火災の原因は不明ですが、ライターやガスボンベなどが混入していたことが考えられます。
f0153547_17144174.jpg
 この火災によって磁選機(写真上)やベルトコンベアが焼損したため、粗大ごみ処理施設の復旧には4か月程度がかかる見通しです。
 その間もごみの搬入は通常通り行い、粗大ごみや燃やせないごみは木製品や金属などを手選別によって分別して対応します。
 選別できないごみが1週間で20トン程度が処理しきれないでたまっていきますが、フレコンバッグに詰めて敷地内の仮置き場に保管し(写真下)、場合によっては菖蒲清掃センターや久喜宮代センターで処理することも検討するとしています。
f0153547_17143698.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2017-02-13 17:17 | 危ない!

【危ない!】 道路標示が完了

11月23日
歩行者専用通路の出口のところには、こんなかわいい標示が付いた。
f0153547_11554174.jpg

          -----------------------
11月8日  「危ない」
f0153547_16154358.jpg

9月中旬に市民から「この危険な交差点、何とかしてほしい」という通報を受け、市の生活安全化に対応を依頼していました。
下の記事は9月18日で、2か月近くが経過しましたが、ようやく11月7日に交差点の黄色い枠と「危ない」の道路標示が完了しました。
          -----------------------
9月18日の記事
青毛2丁目の交差点
こちらは歩行者と自転車専用の細い道ですが、出るところは両側がブロック塀で、たいへん見通しが悪いのです。
f0153547_1801224.jpg
【写真 下】 この道を走ってくる車から見ると、左の塀の切れ目の道も見えにくくてほとんど気付きません。
f0153547_1815777.jpg

10年くらい前に、この出口の反対側に、カーブミラーを設置してもらいましたが、危険交差点であることに変わりありません。
ほとんどの車はスピードを落とさずに走っているので、子どもや自転車の人が飛び出して、ひやっとすることもたびたびです。
「スピード落とせ」の路面標示も消えかかっています。
住民の方からも相談があって、市の生活安全課に行ってきました。
新たな看板を設置するか、路面標示を工夫して改善するか、とにかく何らかの早急な対応を求めています。
[PR]

by tomoni_k | 2014-09-18 18:16 | 危ない!

【危ない!】 わざわざ人をつまずかせようとする縁石

f0153547_2314067.jpg
久喜市栗橋総合支所(旧栗橋町役場)の南側、向かい側は健康福祉センターくりむだが、スロープの先にあったバリア。
点字ブロックをたどっていくと、横断歩道の手前に、この縁石はある。
逆に「くりむ」から支所の駐車場に行くときには、縁石が横断歩道の正面に設置されているので、わざわざまたがなければならない。
最近、「くりむ」に行く用件が何回か会って、帰りに人と話ながら横断歩道を渡ってきて、この縁石につまずきそうになってひやっとした。
横断歩道の終点に、人の通行をさえぎるように設置されているこの縁石は、いったい何のためにあるのだろう。
f0153547_2394276.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2013-11-15 23:14 | 危ない!

【危ない!】 木の根本で滑った人もいる

久喜駅西口広場に植えられた樹木(ユリノキだと思う)はもうかなり大きくなっている。
ここには6本がサイコロの六の目の形に植えられている。
根のまわりは当然ながら土になっているから、歩行者の安全のためと根っ子を保護するために、格子状の鋳物のフタがはめ込まれているのだが、6本の樹木の内の1本の根本だけが取りはずされているのはどうしてだろう。
f0153547_1037632.jpg

夜間などはかなり足もとが暗くて、この段差につまずいたり、土で滑って転倒する人もいるらしい。
つい最近も、家族の方が滑ってケガをしたという苦情がきた。
5月29日、久喜市役所の都市整備課に連絡して対策を取るようにお願いしておいた。
[PR]

by tomoni_k | 2012-05-29 10:41 | 危ない!