カテゴリ:「変」だ( 192 )

【「変」だ】 久喜駅東口、点字ブロック上の放置自転車

久喜駅東口広場外側の歩道上に、最近いつも数十台の自転車が並んでいる。
放置自転車なのか、通勤者が置いていったのか、駅近辺に用事ある人が一時的に置いているのかはわからないが、いつ通っても置いてある。
問題なのは、多くの自転車が歩道上の点字ブロックの上にかかっていることだ。
f0153547_12062644.jpg
f0153547_12061826.jpg
f0153547_12071846.jpg
視覚障害者が通りかかったら途方に暮れるだろうことは、誰が考えてもわかる。
この間、点字ブロックの上に乗っていた自転車をどかしていたら、にらまれてしまった。

もっと問題なのは、市がこの自転車を放っておいて、いっこうに片付けようとしないことだ。
久喜市には放置自転車防止条例もあるし、このような放置自転車を整理するために、シルバー人材センターに委託して整理員も配置しているのだが、このの場所の放置自転車がいっこうに減らないのはどうしたわけか。
市の職員でここを通る人がいるはずだし、仕事で通りかかることもあるだろうが、見て見ぬふりをしているのか。
あるいは、自分が所管する仕事以外の問題は、関心がなくて、見ていても見えていないということだろうか。
こういう無関心体質は、久喜市の職員に蔓延しているように思えるのだが、いかがか。
11月定例市議会が来週始まるので、一般質問で取り上げることにして、質問通告に入れておいた。

[PR]

by tomoni_k | 2017-11-22 12:09 | 「変」だ

【「変」だ】「市長への手紙」の箱はごみ箱状態

久喜駅の橋上通路に、「市長への手紙」の用紙や封筒が入った箱が設置されている。
時々、空っぽになったまま放置されて、他の関係ないチラシが入っていたりする。
以前にも何度か取り上げたことがあったのだが、ここに写真を載せるとすぐに職員が対応してくれる。
しかし本来なら、定期的に巡回して、封筒などを補充していくべきではないか。
f0153547_18200204.jpg
これはJRの出札の前に設置された箱だが、こちらも空っぽのままだ。
f0153547_18200353.jpg
空っぽなのかと思ったら、上からのぞいたら、紙くずやティッシュなどのごみ箱になっていた。
f0153547_18200059.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2017-11-17 18:29 | 「変」だ

久喜駅西口広場の案内板の破損とケヤキ伐採

【11月17日】
下の記事をアップしたのが11月8日だった。
全面を白紙で覆ったのは、どうやら私の提案を受け入れてくれたらしい。
f0153547_18412633.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------------
【11月8日】
久喜駅西口広場のエスカレータ前の案内板のガラスが割られてしまった。
市の都市整備課の話では、酔っ払いの仕業らしいと言う。
貼り紙には「ガラス破損につき修理を手配中です。ご迷惑をおかけしますが、復旧まで今しばらくお待ちくださるようお願いします。」と書かれている。
中に掲示されていた案内図もぼろぼろに汚らしく破かれていたので、これも酔っ払いの仕業かと聞いたら、ガラスの破片で傷付いたので市の職員がはがしたのだという。
もうちょっときれいにはがすとか、できれば修理が完了するまでの間、布か白い紙ででも覆うとかして、スマートにできないものか。
f0153547_18453050.jpg
こちらは同じ西口広場のけやきの木が根元から伐採されてしまった。
2週連続の台風で、幹が割れてしまい、危険なので伐採したという。
このままにしておくのか、植え替えるかはまだ決まっていないらしい。
f0153547_18452808.jpg


[PR]

by tomoni_k | 2017-11-08 18:57 | 「変」だ

【「変」だ】 星座12宮の点滅は故障中

 県道幸手久喜線 青葉グラウンドの交差点にかかる歩道橋である。
 1980年に青毛小学校が開校してまもなくの頃に、子どもたちの通学安全のために設置された。
 3方向の階段に星座12宮のパネルが貼り付けられていて、夜はブラックライトで点滅している。
 しかし30数年もたつと故障するのもやむを得ないことなのだろうが、現在では2方向の階段のパネルは配線が切れていていつも真っ暗なままだ。
 この1つの階段だけが、さびしく点滅し続けている。
 古すぎてもう修理もできないかも知れない。
f0153547_11304972.jpg
こちらは故障中で真っ暗 ↓
f0153547_11304992.jpg
 もっとも、子どもたちは明るい内に下校してしまうので、この星座12宮の点滅を、子どもたちが見ることはもともとなかった。
 もはや、点滅していてもいなくても、どうでもいいことで、修理する必要もないことかも知れない。
 そうそう、この階段は「7・5・3の階段」と言って、7段、5段、3段を繰り返す構造で、子どもたちが調子よく上り下りできるようになっているというのだが、かえってリズムが壊れるという感想も聞いた。
 今では、地盤沈下で、階段が2段増設されたので、「9・5・3の階段」になっている。

[PR]

by tomoni_k | 2017-10-20 11:52 | 「変」だ

【「変」だと思う】久喜ではイスの穴をテープで補修する

 市役所1階ロビーの長いすはあちこちに穴が空いて、こんな風にガムテープで補修されているのだけれど、これでいいのかなあ。
 久喜市では「おもてなし」に力を入れているのだけれど、見た目なんか気にしないで中身が大事、イスを買い換える費用も節約するケチケチ作戦は、果たして評価するべきなのか。
f0153547_18282549.jpg
 そういえば、このロビーには最近、プラスチックの固いイスが増えてきたのだけれど、これは、座り心地よりも、穴が空かないような材質に変えてきているのだろうか。


[PR]

by tomoni_k | 2017-09-28 18:38 | 「変」だ

【「変」だ】 公園の枯れ木がとうとう倒れた

青葉公園の枯れ木がとうとう根元から折れて倒れた。
先日の台風18号の強風のせいだったかどうかまでは確認していない。
f0153547_17534136.jpg
青葉公園には立ち枯れた木がたくさん残っていて、私のブログにも書いたことがある。
その記事の3枚目の写真が今回、倒れた。
市の建設か公園緑地課では枯れ木を全部片付ける予算がないので、危険と判断したら対処すると言っていた。
つまりは倒れるまで放っておくという意味らしいが、それでいいのか。
この倒木のすぐ脇にも遊歩道があるが、通行人がけがをしなくて幸運だったと言うべきか。
職員は台風の後、見廻りくらいはした方がいい。

[PR]

by tomoni_k | 2017-09-25 18:08 | 「変」だ

【「変」だ】 公文書館の非常階段の手すりは欠陥工事!?

 公文書館の耐震工事が行われているので、職員も市民も、裏の非常階段から事務室に出入りしている。
 7月18日のブログで、非常階段にも手すりを設置するべきではないかと書いた。
 【参照⇒「非常階段にも手すりが必要だと思う」へのリンク】
 さっそく設置されたのだが、片側だけで、上りの時は右側、下りの時は左側だけということになる。
 これでは片手が不自由な人にとってはたいへん困る。
 健常者は片側だけ付いていればいいと考えがちで、往々にして身体の不自由な人のことには配慮が行き届かない、その典型的なケースだ。
f0153547_16043494.jpg
その手すりに、ビニルシートが巻かれているのは、ステンレスの手すりが熱くて握れなくなってしまうのだそうだ。
 外階段の直射日光が当たるところの手すりを、ステンレス製にしたのは設計ミス・欠陥工事ではないか。
 このビニルはすぐにぼろぼろになってしまうだろうから、そのたびに、あるいは毎年夏の前に付け替えるつもりだろうか。
 今のうちに工事をやり直した方がいいと思う。
f0153547_17455639.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2017-08-25 18:00 | 「変」だ

【「変」だ】 政務活動費をあてにしたビジネス??

 テレビで話題になっていた宮崎元衆議院議員の「セミナー」とやらは結局、中止になったらしい。
 当然と言えば当然だが、それでも10人ほどが申し込んでいたということに驚いた。
 このセミナーに参加しようとしていた議員さんは、こんなものに市民の税金である政務活動費を使うくらいなら、市に返還したらよかろうと思う。
 下のチラシは8月上旬に久喜市議会事務局に全議員分が送付され、事務局で各議員に配布して、私も含めほとんどの議員は即、ごみ箱行きとなっていたのだが、改めて探したら出てきた。
f0153547_17274653.jpg
 実は、議員事務局にはしょっちゅう、下の写真のようなきれいなカラー刷りの「地方議員研究会」とか、「○○セミナー」「○○講座」の案内が送られてきて、事務局が議員に配布している。
 これらのほとんどが、一つのテーマについて1日に2時間~2時間半の講座が午前と午後の2回あって、受講料は「1講座1万5000円」というのが共通している(午前と午後を通しで受講したら3万円だ!!)。
 久喜市議会の政務活動費は1議員に1か月3万円だから、私などの感覚から言えばこんなばか高い研修会にはとても参加できない。
 それにしてもこれほどしょっちゅう多くの研修会の案内が来るということは、よほど受講者が多くて繁盛しているのだろう。
 おそらく全国のすべての地方議会に議員の人数分送っているのだろう(都道府県市区町村議員は全部で3万数千人)が、私は、これらはもしかしたら、政務活動費の使い途に困っている地方議員をターゲットにしたビジネスではないかと思っている。
f0153547_17280046.jpg
 私自身も政策を勉強するために多くの研修会に参加しているが、ほとんどが参加費1500円とか高くても5000円くらいまでだ。
 探せば、受講料が安くて質の高い研修会がいくらでもある。
 また近隣の議員さんたちといっしょに研究会を組織していて、1年に4~5回くらい、講師を依頼して勉強会を開いたりもしているが、年会費5000円は政務活動費からは出ないので自己負担だ。
 それでも議会報告の印刷代や郵送料、資料購入費、研修費などの支出で、年間36万円の政務活動費では足りないから、実際には倍以上を自己負担で持ち出している。

[PR]

by tomoni_k | 2017-08-21 18:15 | 「変」だ

【「変」だ】 非常階段にも手すりが必要だと思う

 情報公開請求をするので、このところ何度か、市役所裏の公文書館に足を運んでいる。
 現在、大規模改修をしているので、初めて裏の非常階段から出入りしたのだが、ここに手すりがないことに気がついた。
f0153547_17584109.jpg
 中の階段に手すりがあるのは当然として、本当は非常階段にこそ手すりが必要なのだと思う。
 非常階段は、文字通りに「非常」の際に人が避難するために駆け下りたりするので、そういう時こそ手すりがないと危険だろう。
 館長に手すりの設置の計画について聞いてみたら、現在の改修工事に合わせて設置することになっているとの答えで、一安心した。
 市役所本庁舎でも、以前は非常階段には手すりは設置されてなかったのだが、2011年に私が一般質問で取り上げて、やっと設置された。
 その時に、市の他の施設でどうなっているかまでは調べなかったのだが、隣の公文書館で未設置のままだとは気がつかなかった。
 この分では、他の公共施設でも、非常階段に手すりのないところがまだ残っているかも知れぬ。
 調べてみる必要があるかもしれない。

[PR]

by tomoni_k | 2017-07-18 18:18 | 「変」だ

【「変」だ】手綱(たづな)

f0153547_14474090.jpg
青葉グラウンドに何本か立っている注意看板。
私も犬の散歩をしていて、向こうから来る人の犬がつないでいなくて急に寄ってきて困ったことがあった。
向こうの飼い主は『おとなしいから大丈夫ですよ』と悪気なく笑っていたのだが、そういう問題ではないだろう。
知らない犬の気持ちが、こちらにわかるわけがない。
追い払ったら、にらまれてしまった。
だからこの看板はまったく正しい。
ただ、「手綱」(たづな)というのは、どの辞書を見ても、馬のくつわに着ける縄のことを言うとある。
犬をつなぐのは普通は「リード」、または「ロープ」か、「ひも」だろう。

[PR]

by tomoni_k | 2017-05-28 14:59 | 「変」だ