カテゴリ:「変」だ( 188 )

「止まるな」って?

久喜駅の南側の踏切
掲載日 2005年7月
f0153547_17143620.jpg
 車で、初めてこの踏切を通る人はビックリする。
だって、踏切なのに、「止まるな」って書いてあるんだもの。
『ウッソーッ』って思いながら、半信半疑で、それでも、ほとんどの人は、やっぱり一時停止してから発進していく。

時々、完全には止まらずに踏切に進入していく車もあるが、その人は、おそらくは、どこの踏切でも、あるいは一時停止の交差点でも、そういう運転をしているのだろう。
決して、この看板のせいではないと思う。

「踏切に進入したら止まるな」っていう意味なんですがね。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-13 17:13 | 「変」だ

「鍵ペア生成装置」

掲載日 2004年3月
f0153547_894779.jpg

市役所の市民課窓口カウンターの前に、こんな装置が設置された。1月29日のことである。
『広報くき』でも、ホームページでも、なんのお知らせも説明もなく、いきなり、それは置かれたのであった。
ほとんどの市民、いや、市の職員ですら、これが何なのか、知らない。説明されてもわからない。
実はこれ、住民基本台帳ネットワークの、住基カードで個人認証キー(パスワード)をカードの中に作成するための装置である。住基カードを持っている人が認証キーを作成することによって、本人であることを証明してもらう、将来の「電子自治体・電子政府」になくてはならないものなのである…らしい。【ここまで書いてきたが、ナンノコッチャ、という感じ。私が、人から説明されたことの受け売りであって、理解が違っているかもしれない。】
 久喜市民で、住基カードを作った人が約80人。
 そのほとんどの人は、免許証も持っていないので“身分証明書替わり”に作ったそうで、この「鍵ペア生成装置」にはまったく縁のない人たちである。
 さて、久喜市では、住基ネットワークシステム、住基カードシステム、この装置の設置、何千万円の税金を使って、市民が使わない、無駄なシステムを肥大させていくのだろう。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-13 08:10 | 「変」だ

2010年3月23日、合併で久喜市になった。
--------------------------------------------------
f0153547_7571486.jpg葛西用水にかかるJR鉄橋の橋桁
久喜と鷲宮の境界、正確には鷲宮側
掲載日 2005年6月

 JR鉄橋の橋桁に黒いごみが一つ。前から気になっていた。よくよく見ると、革靴が片方だけ、わずか20cmくらいに幅の鉄骨の上に置かれている。
 いったい、誰が、どうやって置いたんだろう。
 こちら側から投げたにしては、うまく乗っかったものだが…。
f0153547_758349.jpg

知り合いが、「カラスの仕業じゃないか」って教えてくれました。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-13 07:59 | 「変」だ

第三岩槻踏切

久喜駅のすぐ南側の踏切
掲載日 2007年6月
f0153547_79446.jpg
久喜市の中心部に「第三岩槻踏切」がある。
東武伊勢崎線も、JR宇都宮線も、岩槻を通らないのに、なぜ,第3「岩槻」踏切がここにあるのか、わからない。
f0153547_792328.jpg

今までまったく気がつかなかったが、第3岩槻踏切の南側、県道久喜春日部線のJR踏切が「第2岩槻踏切」だった。
それでは、第1岩槻踏切も近くにあるのかな。
なぜ、久喜市内に、「岩槻」踏切があるのだろう。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-13 07:10 | 「変」だ

どうしてこちらがわにはないの?

市道1号線の踏切
初掲載日 2007年7月
f0153547_6521082.jpg
 「変」なものがある、んじゃなくて、“こちらがわにない”ことが「変」なんだと思う。
 東武線とJR宇都宮線の線路が並んだ久喜市内では最大の踏切。
 しかも往々にして“開かずの踏切”となる。
 渡りきれなくて、踏切内の、東武とJRの間に取り残される人や自転車も多い。時には車もわずかのすき間に身を縮めて止まっていたりする。

 それなのに、非常ボタンが、踏切の向こう側、JR側にしかない。
 踏切の東側、東武線側のこちら側にないのはなぜ?
 何かあったときに、迫り来る電車を前にして、線路を渡って、向こう側まで非常ボタンを押しに行けってか!?
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-13 06:52 | 「変」だ

『菖蒲 市役所』って

久喜市内の六間道路(東5丁目)
f0153547_1875120.jpg
 市内の六間道路(市道1号線)、ニュー八雲脇に、この標識は取り付けられている。
直進 → 「菖蒲市役所」って、何これ…。
確かにまっすぐ、延々と道なりに行けば菖蒲町に入るのは確かだけど、
菖蒲町は町だから、町役場はあっても市役所はない。

 この案内板の下で車を停めてよくよく見て、
 「菖蒲」と「市役所」の間に、「・」が入っているのに、やっと気付いて、納得?

 つまり、「直進して、途中で1キロくらい先を左に曲がると久喜市役所があって、曲がらないでずっとず~~っと行けば、10キロくらいで菖蒲町に入る」。

 よくもまあ、こんなわかりにくい表記にしたものだと思う。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-12 18:08 | 「変」だ

色違い

点字ブロックの色は、回りと対比して目立つ色にするよう、決められている。
 だから、周辺の地面と同系色の点字ブロックは間違いだということだ。
f0153547_1028569.jpg
 久喜駅西口の点字ブロックは、もともと回りのタイルの色と同じ茶系であったわけで、
ということは、目立たないように設置されていたのは、
視覚障害者(特に弱視)の人たちに配慮がなかったわけで、
当時の工事担当者や工事業者が、点字ブロックの設置方法について、
理解が違っていたことになる。

 できるだけ早い時期に、全面的に敷設し直さなければならない。

 それはそれとして、
いつからだかわからないが、その点字ブロックの間に、黄色い点字ブロックが20センチほどはさみこまれた。
 部分的に広場のタイルの補修をしたときに、ここだけ色違いのを入れたらしい。
 本来は、まわりと色がはっきり違う、黄色いのが正しいわけだから、これでいいのだ。

 ただ、何ともちぐはぐではある。
久喜駅西口広場
初掲載日 2006年11月
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-11 18:41 | 「変」だ

もしかして、どこでもドア?

f0153547_10313252.jpg ふれあいセンターの駐車場の片隅に、最初からこれはあった。
 ポストの横にある、この、「ドア?」みたいなもの。
 植え込みの中に、1枚だけ、立てられていて。
 もしかして、“どこでもドア”じゃないかと思って、さわってみたが、開かなかった。

 しかも、少し傾いていたりして。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-10 19:00 | 「変」だ