カテゴリ:「変」だ( 187 )

【「変」だ】 1本1万円の看板の活用法


f0153547_18391785.jpg
 青葉公民館の駐車場に、昨年から置かれている。
 公民館の建物が老朽化していて壁がはがれて落下するので、危険だから近づかないようにという警告看板。
 警告の紙を貼り付けるのに利用しているのは、2005年に1基1万円で作成したごみ・犬フン放置禁止の看板である。
 すでに役目を終えたと判断されて、他の警告文の貼り付け台に活用しているらしい。
 ⇒参照 2005年4月のブログへのリンク



[PR]

by tomoni_k | 2016-02-07 11:47 | 「変」だ

ビオトープの樹木を根元から伐採してしまった

f0153547_9401172.jpg
北2丁目の古久喜公園は、昨年まで中も見えないほど草木が繁茂し、野鳥たちも集まっていた。
市は事実上、放置している状態であったが、サギのフン害など近隣の住民からの苦情もあって、樹木は根元から伐採し、除草してすっかりきれいになった。
けれど、ちょっと待ってほしい。
古久喜公園は、「久喜市緑の基本計画」で、ビオトープとして位置づけられているのに、これはちょっと違うのではないか。
久喜市で、ビオトープの管理についての基本的な思想がないことを表していると言うしかない。
特に市街地や住宅地の中のビオトープ、公園の樹木、街路樹の管理のあり方を、もう一度検討し直さなければならないのではないか。
[PR]

by tomoni_k | 2016-01-22 09:48 | 「変」だ

【「変」だ】 ガムテ-プで補修

f0153547_12551578.jpg
市役所本庁舎3階の階段の床はガムテープで補修されている。
暮れまで、本庁舎全体の耐震改修の大工事をやっていたのだが、どうしてここはガムテープなのだろう。
[PR]

by tomoni_k | 2016-01-04 12:59 | 「変」だ

【「変」だ】 久喜市の街路樹たち

 障害者の教育権を実現する会という市民運動団体の機関紙・月刊『人権と教育』に、編集部からの依頼で年に4~5回くらい、短い文を掲載している。
 以下は12月20日発行の『人権と教育』493号に寄せた文である。

             ---------------------
街路樹の紅葉と落ち葉
                           猪股和雄
 家の近くに久喜市景観百選にも選ばれたケヤキ並木がある。
新緑の季節には1.5㎞にわたって緑のトンネルを作り、今の時季(11月下旬)の紅葉は見事である。
もっとも地元住民にとってはその落ち葉は厄介者でしかなくて、掃いても掃いてもきりがない。
家々の屋根より遙かに高く伸びた枝から降り注ぐ落ち葉が雨どいに詰まって重みで落ちてしまうといった被害も出て、何とかしてほしいという悲鳴さえ上がった。
やむを得ず市では10mほどの高さで刈りそろえたのだが、景観をぶち壊しにしたという批判もある。
そもそも、幅員わずか12mの道路の両側に樹高20mにもなるケヤキを植えたこと自体に問題があったのだが…。

 ここはまだいい方で、市内の県道のケヤキ並木は、住宅の2階の雨どいの高さで切りそろえられていて、冬にはまるで丸太ん棒か刺又(サスマタ)が並んでいるような光景だ。
毎年夏の終わりには枝を全部落としてしまうので紅葉も落ち葉もない。
別の市道で、ユリノキの並木もプラタナスの街路樹も秋口には丸太ん棒状に枝落としされてしまう。

 議会で環境派の議員といっしょに「街路樹管理条例」を作って、樹種の選定、剪定方法の工夫、できるだけ農薬を使わない樹木管理を求めてきた。
その後に整備された市道には街路樹に常緑のクスノキを植えて、自然樹形を生かした管理が取り入れられて少しは改善されてきている。
イチョウ並木は横に伸びる枝だけを落としているので美しい黄葉が見られるが、葉が青い季節には遠目からは細身のイトスギのように見えないでもない。
市街地の中の街路樹は景観と住民の苦情のバランスをどう取るかの判断がむずかしいが、最近では各地で自然樹形を生かした街路樹管理が関心を集めるようになってきている。

 桜並木などでは“害虫”の問題もある。久喜市では環境方針で化学物質=殺虫剤の散布を極力抑制しているのだが、住民からは相変わらずアメリカシロヒトリの苦情が多い。
             ---------------------
『人権と教育』には文章だけだが、ここでは写真も付けておこう。
これは、県道幸手久喜線の、サスマタのようなケヤキ
f0153547_18374842.jpg

久喜駅西口大通りにある、丸太ん棒のようなユリノキ
f0153547_18383039.jpg
f0153547_18384937.jpg
丸太ん棒のようなユリノキが並んでいる光景
f0153547_18391171.jpg

久喜駅東口大通りの、これでもプラタナス(?)の並木…
毎年、同じ所で枝落としするので、こぶだらけだ。
f0153547_1839317.jpg

このプラタナスは、もう「杭」に近い
f0153547_18394895.jpg

細身のイチョウ並木
f0153547_18401082.jpg

市役所通りのクスノキの並木、常緑樹だから今でも青々としている
f0153547_1831257.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2015-12-10 18:44 | 「変」だ

【「変」だ】 「市長への手紙」ホルダーは空っぽ

f0153547_1705629.jpg
久喜駅東武鉄道切符売り場の近くに「市長への手紙」のホルダーが置かれている。
市長への手紙の記載用紙や封筒が入っていたのだが、もうずっと空っぽのままになっている。
今朝はこのホルダーが転がっていたので、見かねてちゃんと立ててはきたのだけれど、見廻り点検、封筒などの補充の体制はどうなっているのだろう。
他の場所も点検してこなければ…。
[PR]

by tomoni_k | 2015-07-29 17:06 | 「変」だ

【「変」だ】 天井に雨漏り排水用のトイがある風景

ふれあいセンター久喜の2階、廊下の突き当たりには変な設備がある。
f0153547_9523466.jpg
天井に取り付けられている四角い細長い箱のようなものは、
実は「樋(トイ)」である。
そこにつながった細いパイプが下に降りてきて、屋外に出ている。
建設後まもなく雨漏りがしてきて、結局どうにも原因がわからないので、仕方なく廊下の天井にトイを設置して、パイプを通して水を屋外に排出しているのである。
参照 ⇒ ふれあいセンター久喜の雨漏り(2010/5/3)の記事
[PR]

by tomoni_k | 2015-07-19 09:52 | 「変」だ

【「変」だ】 市役所のトイレは自動照明だが

f0153547_1635536.jpg
市役所本庁舎の耐震改修で、各階のトイレも明るくきれいに気持ちよく使えるように改善された。
大の方の個室は洋式で広くなり、照明や手洗いの水道も自動化された。
トイレットペーパーホルダーも2連式になった。
参考⇒今まではこんなだった。
問題は自動化された照明である。
ドアを開けると自動点灯し、用を済ませて人が誰もいなくなると消灯する。
先日、大の方の個室に入って座っていたら、突然、照明が消えてしまった。
エッ?と思って顔を上げて照明の方を見たらすぐに再び点灯したのだが、本当にビックリした。
誰かのいたずらか、間違ってスイッチを消したかと思ったが、考えてみれば自動だからスイッチはない。
職員に聞いてみたら、天井にセンサーが付いていて、人の動きを感知して電気を切るのだという。
1分間、人の動きがないと、誰もいないと判断されるらしい。
しかし想像してほしい。
個室で便器に座っていたら、常に上半身を動かしていないと、照明が消えてしまうわけだ。
1分間で真っ暗になってしまうって、短かすぎませんか。
もうちょっと時間を延ばした方がいいんじゃないのって言ったら、職員は「検討します」。
その後、「5分間にしました」と言ってきた。
5分間が長いか短いか…、さて、どうだろう。

その続き。
センサーを5分間にしたのは5階だけで、4階以下のトイレは1分間のままだという。
「どうして全部をを変更しないの?」と聞いたら、1階から4階は人がけっこう多く出入りするから、1分間でいいのだという。
もう一度、想像してほしい。
市民がたまたま1人で大の方の個室に座っていて、たまたま1分間、上半身を動かさないでいて、たまたまその1分間、人が入ってこなかったら、照明は突然消えてしまって、その人はきっとビックリするだろうなあ。
【写真は5階の男子用トイレ。天井の左の方にある丸いものがセンサーだそうだ】
[PR]

by tomoni_k | 2015-06-27 17:03 | 「変」だ

【「変」だ】 県道の間違った交通標識

f0153547_12453763.jpg

これは2003年5月にアップした記事です。
まだ直ってませんでした。

          ------------------
幸手久喜県道・吉羽
掲載日2003年5月 【市内、S氏からの投稿】

県道久喜~幸手線、吉羽側、焼肉の安楽亭吉羽店前の植え込みの中に設置されている道路案内板。
ここはれっきとした「吉羽」です。

絶対に「青毛」ではありませんが、
それなのに、この道路案内板だけが「青毛」と書かれていて、直されることはありません。
何ででしょう。
不案内な人は迷子になってしまうかも…。
しかも、この標識の柱にある《←久喜方面》というのは「この先は久喜です」という意味でしょうか。
ここだって、十分すぎるくらい「久喜」なのに。
          ------------------
2015年6月22日
今日、市役所のシティプロモーション課の課長に、お話ししてきました。
課長から、「栢山小学校」のバス停の間違いについては企画調整課へ、「青毛」の標識の件は生活安全課に、伝えてくれるとのことです。
それぞれから、朝日バスや、埼玉県へ伝言するのでしょうが、今度こそ直るといいのですが・・・。

[PR]

by tomoni_k | 2015-06-22 12:50 | 「変」だ

【「変」だ】 「栢山」小学校ではありません

f0153547_942136.jpg

旧久喜市から旧菖蒲町を貫いて桶川市へ抜ける、俗に「菖蒲県道」と呼ばれている。
栢間小学校の前のバス停留所の名前は「栢山小学校」…。エッ!?
いやいや違う! 「栢間小学校」ですよ。
リンク⇒「栢間小学校」
私たちがパソコンで変換する際にも、「栢山」が先に出てきて間違いやすいのだけれど、公共交通機関のバス停の標示が間違えたままになっていては困ります。
いつからこうなっているかはわからないけれど、市役所も、地元の人たちも、だあれも気がつかないのかなあ。
一つ桶川寄りの「下栢間」は正しい。
f0153547_944419.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2015-06-22 09:13 | 「変」だ

【「変」だ】 東中の校庭は水浸し

6月20日は朝8時半から、東中の第40回体育祭の予定でした。
昨日の雨で校庭は水浸し、あちこちに水たまりができて、ぐちゃぐちゃでグラウンドコンディションは最悪でした。
それでも今朝は太陽が照りつける体育祭日和。
東中の先生方と生徒たちは早朝から、校庭に砂を入れ、水たまりの水をかき出し、けんめいの作業で、何とか校庭の中心部分は使えるようになりました。
それでも校庭西側の体育館前付近、トラックの第1コーナーから第2コーナーにかけては、水がひかず、ご覧の有様です。(写真は開会直前、8時45分頃のようすです)。
f0153547_11202171.jpg
      ↑ 本部席テント前から撮影(第1コーナー付近)
f0153547_11204888.jpg
         ↑ 校庭の西側から生徒席を臨む
         
やむをえず、水たまりの内側にトラックを縮めて競技を行うことにして、体育祭は、30分遅れの9時には開会式を開くことができました。
          -----------
校長先生が来賓席に来て、開会が遅れて申し訳ないと頭を下げていたのでしたが、このように水はけの悪い校庭の状態を何とかするのは、行政の責任ですよね。
今日、来賓できていた田中市長や教育委員さん、それに、私も含めて3人の地元議員はこの有様を見たのですから、今後の宿題を背負ったことになります。
[PR]

by tomoni_k | 2015-06-20 11:30 | 「変」だ