【今はもうない】久喜市アイドリングストップ条例

f0153547_10045367.jpg
 この看板はもともと「埼玉県・久喜市の条例により・・・」と書かれていたのですが、合併後に「久喜市」が消されていました。
  久喜市では合併前に、「アイドリングストップ条例」を定めていましたが、合併後にこの条例は廃止されています。
 廃止の理由は、埼玉県で生活環境保全条例で「自動車等の運転手は、自動車等の駐車時又は停車時における原動機の停止(アイドリング・ストップ)を行わなけばならない」としていて、こちらの方が厳しい規定なので、久喜市単独の条例は必要なくなったと判断されたようです。
 しかし、旧久喜市の条例は罰則こそありませんでしたが、端的に「アイドリングストップ条例」として規定しているのと、埼玉県の環境保全条例の中の一項目で「アイドリングストップ」を規定するのとでは、やっぱり重みが違うのではないかと思うのです。
 実際、最近、久喜市の行政施策として、《アイドリングストップ!》が言われることが少なくなっているように感じるのですが、いかがでしょうか。
 旧条例では、「第4条 (市の責務) 市は、市民、自動車等を運転又は所有する者へアイドリング・ストップの推進に関する施策や必要な措置を講ずるものとする」という規定があったのですが、現在はありません。 
 まさか、久喜市の条例がなくなったので、市が取り組むべき仕事ではなくなったわけではないと思いますが。

[PR]

by tomoni_k | 2016-04-11 10:37 | 今はもうない

【今はもうない】 唯一の喫煙所も撤去された

f0153547_8335833.jpg
市役所本庁舎は「施設内禁煙」になっている。
はずだったが、実は唯一の喫煙場所が、5階の本会議場の裏にあった。
議会の休憩中などには、今は5人くらいになった喫煙議員と部長の中の何人かが利用していた。
それがついに撤去されたのは、年度替わりの一昨日のことであったらしい。
f0153547_8394929.jpg

あちこちにあった大量の吸い殻入れはどこにしまってあるのだろう、何かに再利用できないかなんて変なことを、つい考えてしまう。
[PR]

by tomoni_k | 2011-04-02 08:46 | 今はもうない

石は撤去された

f0153547_7463132.jpg

青毛地区を通過する幸手県道の両側の歩道に、各交差点には車止めとして、ちょっとしゃれた感じの石が置かれていた。
こんなふうに。⇒リンク

 それが今週、すべて撤去して、歩道のインターロッキング(レンガ状の敷石)を埋め込む工事が行われた。
 石の撤去工事をしてると聞いて、あわてて行ってみたらすべてはずされてしまっていた。
『なんでだ?』と思って理由を聞いたのだが、自転車でこの石にぶつかってケガをした人がいたので、危険と判断して撤去することにしたのだという。
 石に「バーベナ通り」と刻みながらバーベナはまったく咲かなかったわけで、石そのものを撤去して実態に合わせたのかと思ったのだが、実は、「バーベナ通り」と刻んだ石は、花壇の中に移動させられていた。
 その花壇にバーベナの花はやっぱり咲かない。
f0153547_831716.jpg

f0153547_833975.jpg

 下の写真の交差点には横断歩道のところに2つずつ、4つの石が置かれていて、その一つには「青毛1丁目」と刻まれていた。
 その石はどこに運ばれたものか、近くには見あたらないから、どこかに捨てたのだろう。
f0153547_84438.jpg

たぶん、沿線全部で撤去して捨てられた石は30~40個くらいになるだろう。

 以前、沿線のお店に車が飛び込んだことがあって、その時にはこの車止めのおかげで被害が少なくてすんだりもしたのだが、埼玉県杉戸県土整備事務所では石を撤去しただけで、これに替わる車止めを設置することは考えていないらしい。
[PR]

by tomoni_k | 2009-05-14 08:13 | 今はもうない

ある旗

f0153547_15272363.jpg

小学校の運動会の万国旗の中にみつけてしまった。
この旗の国は、いつなくなったんだっけか。
ずいぶん昔のことだったような、最近のことだったような…。
[PR]

by tomoni_k | 2008-06-07 15:38 | 今はもうない

久喜市役所に「食堂」はありません

f0153547_15131978.jpg
これはエレベーターの中の案内板ですが、
久喜市役所の「食堂」は、11月限りで閉店しました。
あいたスペースはすでに事務室に転用するために工事中ですから、
市民食堂は二度と再開しないということです。

ということは、この建物は合併後の新市役には使えませんね。
人口15万人の市の役所に食堂もないんじゃ、来庁した市民は困ります。
それでは新市の市役所はどこに持って行こう。
今の鷲宮町役場に食堂はあったっけ…。
[PR]

by tomoni_k | 2007-12-21 15:14 | 今はもうない

「1市3町合併協議会」はまだない

12月20日、久喜市役所4階大会議室で、合併に関する「意見交換会」が開かれたらしい。
f0153547_16375780.jpg

何が「変」なのかというと、
「1市3町合併協議会」というものはまだない。
各市町の来年2月議会で、「合併協議会」設置の議案が可決されてから発足することになっている。

「関係議員全員」とあるから、1市3町の議員全員が対象かというと、
私にはお声がかからなかった。
他にも声がかからなかった議員は何人かいるらしい。

要するに、久喜市、菖蒲町、鷲宮町、栗橋町の
「何が何でも合併したい、合併熱烈推進派」の議員さんたちが集まったらしい。

私も、こんなことばっかり書いてるから、声をかけてもらえないんだよね。(反省)
[PR]

by tomoni_k | 2007-12-20 16:51 | 今はもうない

08年1月、手作りカーテンは撤去された

市役所1階の某課は他の場所に移って、1月から別の課がここの場所に置かれた。
机やロッカーの配置の変更にともなって、入口通路も変わった。
それでこの通路はロッカーでふさがれて、手作りカーテンも必要なくなって撤去された。
よかったね。
f0153547_10195351.jpg

--------------------------------------------------------
久喜市役所1階の某課
 昔々、ある市役所の中は、とみに冷たい空気が流れていて、すきま風が吹きまくっているんで、職員はせめてカーテンを付けて風を防ぎたいと思ったんだけど、偉い人は自分は上の方のあったかい部屋にいるくせに、下の方には「ガマンしろ」と言うだけでカーテンも買ってくれないので、仕方なく自分たちで透明ビニルを探してきただけど、カーテン用の金具を買う金もないので、工夫して、ひもの切れっ端と事務用のクリップをうまく利用してつるしたという、けなげな職員たちの物語。【この「物語」はフィクションです。】
f0153547_1422126.jpg
 もしかして捨てられていた農業用ビニルの再利用じゃないと思うけど。
 これでやっと、2006年の冬を無事に過ごすことができたんだけど、暖冬でよかった…。おしまい、ちゃん、ちゃん。
 哀れなことにこの手作りカーテン、2007年11月にまたまた設置されたのであった。
f0153547_14212412.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2007-11-25 14:25 | 今はもうない

不思議な歩道、改題「不思議なガードレール」

久喜市古久喜  掲載日 2003年2月  残念ながら、今はもうない。f0153547_11221368.jpg
 県道さいたま栗橋線から、ヨーカドー方面へ向かう市道に、この不思議な歩道?がある。
 舗装はされていないが、人なら2~3人並んで通れるくらい広くて、自転車も乗ったまま、人とすれ違うこともできる幅だ。
f0153547_11233556.jpg
 ところがだんだんだんだん狭くなっていって、用水のフェンスとガードレールの間は、ついに、人が一人、カニ歩きでやっと抜けられる幅になってしまう。自転車はとても抜けられない。

 この間、ガードレールの切れ目はないので、気付いたときにはもう遅い! 自転車の人は降りて、Uターンもできず、50mほどバックするしかない。

こんな、魚をつかまえるワナってあったよね。
-------------------------------------------------------
掲載日 2005年4月
f0153547_11224940.jpg
 「不思議な歩道」が、2年以上経ってから「改善」されました。
 しかし、何かおかしくないか。
 “このガードレールはいったい何のためにあるんだろう”という、新たな疑問。
 今、このガードレールは移動されて、水路のフェンスにぴったりとくっついて設置されているので、フェンスとガードレールの間を人は通ることができないように「改善」された。

 普通のガードレールは車から歩行者を守る、あるいは、車や人が水路などに落ちるのを防ぐ、ために設置されるのだが、今、このガードレールは、フェンスを守っていることになる。

 本当は、ガードレールとフェンスが接近して狭くなった部分だけ取り外せばよかったんだが……。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-18 11:25 | 今はもうない

トイレットペーパーのホルダー

中央公民館のトイレ
掲載日 2005年2月  今は「改善」された
f0153547_1165092.jpg
f0153547_117103.jpg
 中央公民館の男性用トイレ(大・和式)のトイレットペーパーホルダーは、同時に2つのロールが取り付けられるようになっているが、いつ行っても、左側だけにしかロールがなくて、右側はカラッポ。
けちけち作戦か、はたまた、持ち帰ってしまう不心得な利用者でもいるのかと思ったら違った。
 このホルダーは、右・左、それぞれ外側からロールを差し込む式の器具だが、右側が壁に密接しているので、ペーパーのロールが差し込めない。
本当は、ホルダーの右側の壁との間に幅を空けなければならなかったのだが、工事の際に間違えたらしい。

 それで役所としては、工事完成検査の時に見逃したか、やっっちゃんたんだから仕方がない、と知らんぷりを決め込んだか。

男性用トイレだけなのか、女性用トイレも同じなのかは知らない。女性用トイレは確認してない。
---------------------------------------------------------
【後日談】
掲載日 2005年5月
f0153547_1172432.jpg

 わざわざホルダーが付け直されていたことに、2,3日前に気がついた。
 中央公民館の1階から4階まで、すべての男性用トイレである。
10年以上も設置方法を間違えていて、不都合も苦情もなかったんなら、直さなくてもよかったのに…。
 付け直したために、ホルダーの右側にネジ穴が2つ、残ってしまった。
 これは消しようもない、工事ミスの記念か証拠となるわけだ。

 まあ、役所としては、壁に傷跡が残ったとしても、「間違っている」と指摘されたものを、そのまま放置しておくわけにもいかないのかな。
いかにもお役所らしい対応ではある。

 私の所には、間違いを指摘してあげたことに対する「お礼」とか、「役所が知らんぷりをしていてご免なさい」というようなお詫びの連絡も、特にない。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-18 11:08 | 今はもうない

バーベナは咲かない「バーベナ通り」

青毛1丁目~、県道幸手久喜線
掲載日 2003年2月
f0153547_17441266.jpg

この通りの名前は、石柱にも刻まれているとおり、「バーベナは咲かないバーベナ通り」といいます。実態は、埼玉県が砂利で埋めてしまった花壇のある歩道です。
f0153547_17444483.jpg

その後、だいぶん苦情を言ったかいあって(?)、2004年になって、サツキやきれいな花々が植えられました。2004/6
砂利の撤去はたいへんだったようです。
花壇は基本的に地元に管理をまかせる方針だそうですが…。
高木は1本もありません。したがって、この歩道上に、真夏でも、樹木の陰はいっさいできません。
そして、バーベナは一本も咲いていないのに、「バーベナ通り」の名前はそのままです。
ちょっと恥ずかしいです。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-13 17:47 | 今はもうない