カテゴリ:いいもの( 61 )

【いいもの】 カルガモの親子

f0153547_744359.jpg
葛西用水のカルガモの親子は元気です。
ただ、1週間くらい前には11羽のヒナたちが群れていたはずなのですが、今日は6羽でした。
ちょっと気になります。
[PR]

by tomoni_k | 2015-06-15 07:45 | いいもの

【いいもの】 雉が鳴いた

f0153547_1526543.jpg

朝、葛西用水の遊歩道で、“キェン、キェーン”と、鋭い甲高い鳴き声が聞こえた。
「雉だ」と思って、声のした方に目をこらすと、意外と近くに雉の姿があった。
見つけた時には、もうすでに雉は私の方に尾を向けて逃げる体勢であったが、目いっぱい近づいて、私のガラケイでも何とか撮影できた。
トットコトットコ、逃げ足は速くて、あっという間に100メートルほども向こうへ行ってしまったが、こういう場合でも雉は飛んで逃げないんですね。
これまでも時々、用水堀の西側や東側で、雉の鳴き声を聞いたり、遠くにエサを探しているらしい姿を見かけてはいたが、カメラに納めることができたのは初めてだ。
『雉も鳴かずば撃たれまいに』とはよく言ったものだ。
あの独特の甲高い声が聞こえなければ、気付くこともなかっただろう。
雉の鳴き声はよく、“ケーン”と表現されるが、私にはどうしてもそうは聞こえない。
[PR]

by tomoni_k | 2015-04-25 15:24 | いいもの

【いいもの】 虹

f0153547_18283323.jpg

虹は、心をうきうきさせる。
子どもの頃、虹の根っこを見たいと思って、
みんなでずっと歩き続けたっけ。
今まさに、西の空に太陽が地平に没しようとしている。
後ろを振り向くと、東の空には真っ黒な雲が垂れ込めて、
その前に虹が浮かんでいるという、不思議な光景。
[PR]

by tomoni_k | 2015-04-15 18:34 | いいもの

【久喜の鳥たち】 カワセミ

f0153547_7381919.jpg
葛西用水でカワセミを見かけた。
毎朝のように、時には2羽見かけることもあるから、このあたりにけっこう棲息しているのだろう。。
[PR]

by tomoni_k | 2014-12-19 07:41 | いいもの

皆既月食、もうすぐ

2014/10/9
f0153547_8104918.jpg
昨夜の皆既月食を2階のベランダから眺めていた。
皆既の赤い月も撮影したが、黒い闇に溶け込んで見分けが付かなかった。
私のデジカメでは、残念ながらここまでがせいいっぱいだ。
それでもまあ、過ぎゆく時のその流れを目で見て楽しむのが日本の風流というものだろう。
[PR]

by tomoni_k | 2014-10-09 08:16 | いいもの

【いいもの】 セミの脱皮

f0153547_1910395.jpg
夕方、暗くなりかけた頃、
近くの垣根で脱皮したばかりのアブラゼミを見つけた。
体も羽も全体が透明で、緑色に美しく光っている。
f0153547_1993377.jpg

私の携帯(ガラケー)で何とか撮影できたが、ちょっとピンぼけ。
[PR]

by tomoni_k | 2014-08-02 19:14 | いいもの

葛西用水結氷

f0153547_23484550.jpg
1月16日朝7時、葛西用水は結氷し、朝日に輝いていた。
[PR]

by tomoni_k | 2014-01-16 23:44 | いいもの

【いいもの】 さっそく傘袋が設置された

f0153547_18564052.jpg
12月6日の市議会一般質問で、市庁舎の入口に「傘袋の設置を」と提案して、当局から「できるだけ早くに設置したい」という答弁があった。
今日の朝、議会で市役所に行ったら、正面玄関と南側入口に、傘袋が置かれていて、『お願い 雨に濡れた傘をこの袋にお入れください』と書いてある。
答弁からわずか1週間しかたっていないのに、もう設置さえていたのには、少々びっくりした。
質問通告したのは11月22日で、実はそれ以前の10月頃に、担当課には話をしておいたから、早くから準備していたのかもしれない。
いつも“お役所仕事”の批判をしているが、早いのは大歓迎だ。
それで、一つ提案がある。
傘袋を1回で使い捨てにするのはいかにももったいないし、ごみにしてしまうのもできれば少なくしたい。
そこで、『傘袋はお持ち帰りになって、できるだけ再利用にご協力ください』と掲示したらいかがか。
私は以前から、ヨーカドーなどでもらってきた傘袋を捨てずに車に置いていて、何度も使っている。
[PR]

by tomoni_k | 2013-12-16 19:05 | いいもの

【いいもの】 文化会館の車寄せに障害者用乗降場所とスロープ

f0153547_10375537.jpg
久喜総合文化会館のバリアフリーが、また一つ進んだ。
南側の車寄せから事務室の入口へはスロープになっているのだが、その車寄せ自体が段差になっていた。
ここに新たに障害者用駐車スペースとスロープを設置して、車いすでそのまま入れるようになった。
以前は車いすの来館者は会館裏の駐車場から、長い距離をレンガブロックのガタガタ通路を通って来なければならなかった。
会館の運営と維持管理を指定管理者・ケイミックスに委託してから、会館前の広場からエントランスホールに直接入れるスロープ、さらに障害者用駐車スペースを設置した。
行政が管理運営していた時には、広場の真ん中や車寄せのいちばんいい場所に障害者用駐車スペースを設けるなどとは、残念ながら考えられもしなかった。
民間の指定管理者に委ねたことで、その自由な発想が、過去の慣例にとらわれないで、バリアフリーに正面から取り組んで広げてきたといえる。
今回の工事費用は約100万円で、市が負担した。
          ---------- 【参照】 ---------- 
⇒ 文化会館正面に車いす用駐車場ができた 2013/1/25
⇒ 文化会館 20年後のバリアフリー 2011/2/21
[PR]

by tomoni_k | 2013-11-06 11:06 | いいもの

【いいなあ】 京都のまちなみツアー

 京都のまちなみ保全ツアーに参加した。
 私たちは普段、家と家の間の細い道を一般的に概括して「路地」と言っているが、京都ではそうした細い道を区別して呼んでいるということを初めて知った。
 行き止まりの道を「路地」(ロージ)と言い、抜けられる道を「図子」「辻子」(ズシ)と言い分けているのだという。
 これは路地
f0153547_192128.jpg
f0153547_1924513.jpg

ちゃんと「袋小路」と断って、人がやたらと入ってこないようにしているのだが、申し訳ないけれど、そーっと路地探検…。
f0153547_19314.jpg
こちらは辻子
f0153547_1933965.jpg
f0153547_194855.jpg
京都の町家
これらは商家で、2階は丁稚さんたちの寝床だそうだが、もちろん立って歩ける高さはない。寝るだけ?の屋根裏部屋みたいなところだろうか。
f0153547_1945533.jpg
f0153547_1951447.jpg
屋根の上には鍾馗様がいた。沖縄のシーサーみたいなものだろうか。
f0153547_1954320.jpg
ほら、ここにも
f0153547_196698.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2013-08-26 19:16 | いいもの