<   2007年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

看板1本1万円

f0153547_955071.jpg
掲載日 2005年4月

いいえ、決して「変なもの」なんていうつもりはない。
ただ…、
1基1万円、100個作って、市内各所に設置した、
総額100万円也の“費用・対・効果”は?
とふと気になっただけだ。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-30 09:07 | 「変」じゃない

自動販売機ってこんなもんだけれど

f0153547_8574430.jpg

真夜中、無人のふれあいセンターで、自動販売機だけが煌々と明るく…
掲載日 2004年7月

 5月22日、夜10時半、ふれあいセンターは、当然閉鎖されていて、
中にはもう誰もいないのだが、
それでも、自動販売機には、煌々と明かりがついている。
当然、ウーロン茶やジュースは、ガンガンに冷やされているはずだ。

 街頭で、客がいてもいなくても、夜中に誰か近所の人が買いに来る可能性があるならともかく(それだって、エネルギーの無駄遣いだが)、
 お客さんが絶対にいない、センターの中の自動販売機まで、こうして電源を入れておく必要があるんだろうか。
 日本中のしせつはみなそうだろうが…。
それとも、電源を入れておかないと、ジュースが腐ってしまう?…まさかね。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-30 09:00 | 「変」だ

「浸水防止」装置を改良

f0153547_1021660.jpgf0153547_1024290.jpg久喜市役所西側入り口
掲載日 2005年8月

 市役所の西側通用口には、この「浸水防止用」という名前の角材が常設されている。
 いったい、何のことかというと……。
 少し強い雨が降ると、下の写真の入り口の自動ドアのすき間から、浸水してくる。
それで、浸水が始まったら、この角材にぞうきんを巻き付けて、ドアの開口部に設置して、水の侵入を防ぐ。
手動の最新式浸水防止装置である。
f0153547_103448.jpg


f0153547_108499.jpg2007年10月
最初の浸水防止装置が設置されてから2年。
最近、この角材式「浸水防止」装置の調子があまりよろしくなかったらしい。
そこで、職員が一生懸命よりよい方策について研究検討を重ねた。
その結果、浸水防止装置の改善策にメドがついた。
材料も見つかり、このほど決定的な改良に成功した。
今、角材式「浸水防止」装置に代わって、板式「浸水防止」装置の2代目が設置されて活躍しているという。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-28 10:10 | 「変」だ

シュッシュッポッポ

f0153547_9542840.jpg東5丁目
掲載日 2003年2月
県道春日部久喜線、JR・東武線の踏切の東側。

このシュッシュッポッポの交通標識、
まだ使ってたっけ?

以前は西側(南1丁目)にもあったが、
そっちは道路工事にともない、撤去された。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-28 09:55 | 「変」だ

しゃれた歩道橋

青毛小学校前の歩道橋
掲載日 2003年2月
f0153547_11322863.jpg

 この歩道橋に、このお飾りが設置されたのはいったい何年前からだったか。
 子どもたちが、登下校の通学時には必ず通るこの歩道橋。
 夜にブラックライトで星座12宮が浮き出る仕掛けは、そうとう遊び心のある人が考えたのだろう。
f0153547_1133129.jpg

 しかし、子どもたちはまだ明るさが残る時刻に、この歩道橋を渡って帰宅する。
 したがって、このブラックライトが点滅し始める時刻以降、夜中には、誰一人として、この歩道橋とわたる人はいない。
 通行人で横断する人は、このすぐ下に横断歩道があるので、、そちらを通る。

 にもかかわらず、だあれも通る人がいなくても、人っ子一人いない真夜中でも、1年365日の一晩中、この歩道橋の星座12宮は、青い光を放ちながら点滅し続けている。
 まるで怪談話、あるいはエネルギーの無駄遣い。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-18 11:34 | 「変」だ

不思議な歩道、改題「不思議なガードレール」

久喜市古久喜  掲載日 2003年2月  残念ながら、今はもうない。f0153547_11221368.jpg
 県道さいたま栗橋線から、ヨーカドー方面へ向かう市道に、この不思議な歩道?がある。
 舗装はされていないが、人なら2~3人並んで通れるくらい広くて、自転車も乗ったまま、人とすれ違うこともできる幅だ。
f0153547_11233556.jpg
 ところがだんだんだんだん狭くなっていって、用水のフェンスとガードレールの間は、ついに、人が一人、カニ歩きでやっと抜けられる幅になってしまう。自転車はとても抜けられない。

 この間、ガードレールの切れ目はないので、気付いたときにはもう遅い! 自転車の人は降りて、Uターンもできず、50mほどバックするしかない。

こんな、魚をつかまえるワナってあったよね。
-------------------------------------------------------
掲載日 2005年4月
f0153547_11224940.jpg
 「不思議な歩道」が、2年以上経ってから「改善」されました。
 しかし、何かおかしくないか。
 “このガードレールはいったい何のためにあるんだろう”という、新たな疑問。
 今、このガードレールは移動されて、水路のフェンスにぴったりとくっついて設置されているので、フェンスとガードレールの間を人は通ることができないように「改善」された。

 普通のガードレールは車から歩行者を守る、あるいは、車や人が水路などに落ちるのを防ぐ、ために設置されるのだが、今、このガードレールは、フェンスを守っていることになる。

 本当は、ガードレールとフェンスが接近して狭くなった部分だけ取り外せばよかったんだが……。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-18 11:25 | 今はもうない

トイレットペーパーのホルダー

中央公民館のトイレ
掲載日 2005年2月  今は「改善」された
f0153547_1165092.jpg
f0153547_117103.jpg
 中央公民館の男性用トイレ(大・和式)のトイレットペーパーホルダーは、同時に2つのロールが取り付けられるようになっているが、いつ行っても、左側だけにしかロールがなくて、右側はカラッポ。
けちけち作戦か、はたまた、持ち帰ってしまう不心得な利用者でもいるのかと思ったら違った。
 このホルダーは、右・左、それぞれ外側からロールを差し込む式の器具だが、右側が壁に密接しているので、ペーパーのロールが差し込めない。
本当は、ホルダーの右側の壁との間に幅を空けなければならなかったのだが、工事の際に間違えたらしい。

 それで役所としては、工事完成検査の時に見逃したか、やっっちゃんたんだから仕方がない、と知らんぷりを決め込んだか。

男性用トイレだけなのか、女性用トイレも同じなのかは知らない。女性用トイレは確認してない。
---------------------------------------------------------
【後日談】
掲載日 2005年5月
f0153547_1172432.jpg

 わざわざホルダーが付け直されていたことに、2,3日前に気がついた。
 中央公民館の1階から4階まで、すべての男性用トイレである。
10年以上も設置方法を間違えていて、不都合も苦情もなかったんなら、直さなくてもよかったのに…。
 付け直したために、ホルダーの右側にネジ穴が2つ、残ってしまった。
 これは消しようもない、工事ミスの記念か証拠となるわけだ。

 まあ、役所としては、壁に傷跡が残ったとしても、「間違っている」と指摘されたものを、そのまま放置しておくわけにもいかないのかな。
いかにもお役所らしい対応ではある。

 私の所には、間違いを指摘してあげたことに対する「お礼」とか、「役所が知らんぷりをしていてご免なさい」というようなお詫びの連絡も、特にない。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-18 11:08 | 今はもうない

空襲警報

写真じゃないけど、最悪の画像…。

久喜市のホームページに、空襲警報のボタンがある。
クリックしたら、iいきなり「空襲警報」が鳴り出す仕掛けだ。
「戦争前夜」をあおっている、悪い冗談だろう。

 「今すぐに、北朝鮮からミサイル攻撃があるかも知れない」と、危機感をあおる久喜市長の本音はどこにあるか。

久喜市のホームページの空襲警報にリンク
f0153547_1814476.jpg
他の市町のホームページで、これほど露骨に「戦争の危機」をあおったり、空襲警報まで載せているのを見たことがない。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-17 18:04 | 最悪だ

銃猟禁止区域

住宅地の真ん中に
「ハンターのみなさん」への、コワ~イ注意書き
青毛の住宅地近く
掲載日 2003年3月
f0153547_21183433.jpg

f0153547_21223934.jpg

 この2枚の写真の地点は50mも離れていません。後に見える住宅は同じ建物です。
 こんな所に、「この附近に人家等があります。狩猟に注意しましょう」なんて…。つまり上の写真の地点は、「銃猟禁止区域」ではないということです。
 どうして?
【後日談】 上の写真の「ハンターのみなさん」への看板は、2003年5月下旬に撤去されました。
実は私が、1週間ほど前に、市役所の環境課に『おかしいんじゃないの?』と問い合わせていました。
下の赤い看板は、青毛や青葉地区の住宅地周辺に、2007年の今でもたくさん掲げられています。
「まさか」と思いつつも、怖いです。

--------------------------------------------------------
県道も、ファミレスも禁猟区です
 県道久喜~幸手線の青葉2丁目側、常楽寺入り口のT字路です。ファミリーレストランの前の植え込みの中に「銃猟禁止区域」の看板が。当然「禁猟区」だから、間違いではありませんが、なんか“変”だなあ。
f0153547_21292549.jpg
 
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-14 21:21 | 「変」だ

久喜市道と幸手市道

大字青毛、大字栗原
f0153547_9373690.jpg

久喜市と幸手市の境界です。
左側が久喜市の市道、右側が幸手市の市道です。
手前の方では2本の市道がくっついていますが、
この2本の市道は、それぞれの市が別々に作ったのであって、
それぞれのお役所の管理は厳格に区別されていますから、
こうしてフェンスで区切って、
それぞれの市の縄張りをはっきりさせているわけです。
1本のように見えますが、やっぱり別の市の、別々の市道です。
[PR]

by tomoni_k | 2007-10-14 09:43 | 「変」だ