西口にある文化会館掲示板の変遷

2008年2月
今は、ちゃんとしてますよ!!
f0153547_1812285.jpg
指定管理者になってから、管理方針も宣伝姿勢もすっかり変わりました。
「見に来てくださ~い」っていう気持ちと「いっしょうけんめい」が伝わってきて、好感持てると思いませんか。
--------------------------------------------------------------------------------

この総合文化会館の掲示板が、3年前はこんなだったんです。

1.2005年5月 まったく、やる気なし!?
f0153547_1882624.jpg
久喜駅の東口の西口に、久喜総合文化会館の、りっぱな催し物案内板がある。
4月から、ポスターも何も何もない。

ただ1枚。
「お知らせ  プラネタリウムは平成17年4月1日から閉館させていただきます」というチラシだけが寂しく貼り出されている。

これはもう、久喜市と田中市長は、総合文化会館を意図的につぶす気だ!?
--------------------------------------------------------------------------------

2.2005年6月  「やる気なし」に輪をかけて…
f0153547_189683.jpg
『まったくやる気なし』と書いてから、2週間ほど経ち、5月末に掲示物が増えた。

『催し物のご案内』の紙には、同好会によるカラオケ大会やら、中学校の吹奏楽演奏会などの催し物の日程表。
『利用のご案内』の方には、大小ホールや会議室、展示室の貸し出し料金表が書かれている。

しかし、相変わらず“やる気なし”なのは、ワープロで打ったものを拡大コピーしただけだから、小さい字で、まったく読めない。それに、ガラスが光って読みにくいこと…。

何か貼り出さなくちゃ具合が悪いってんで貼り出しただけで、本当に市民に読んでもらいたいって気持ちはないんだろうね。
だいたい、今どき、PRがカラーでない、黒一色のワープロなんて、役所くらいだろう。
--------------------------------------------------------------------------------

3.2005年6月14日  もうぼろぼろ
f0153547_1892372.jpg
その後、こうなった。

今から10日くらい前(6月初めにはこうなっていたのだが、いっこうに直そうとしない。
久喜駅西口の階段のすぐ脇だ。朝夕、市の職員が何人もここを通っているし、職員が仕事で西口広場の見回りに来ることもあるはずだが、誰も気付かないらしい。

久喜市役所では、下記のような決まり事があるのである????【ウソです。】
“職員は、自分の担当する仕事だけをやっていればよい”
“自分の担当する仕事以外には関心を持ってはいけない”
“担当の仕事以外のことは、見てもいけない。考えてもいけない”
“何か気付いたことがあっても、担当課に知らせてはいけない”
 したがって、いつまでもこのまま放置されているのは、久喜市役所としては当然のことである。

 もう一つ。
 総合文化会館の担当者も、「ご案内」のチラシを、いったん貼りだしたら、1か月以上も見にも来ていないのだ。
“仕事をしたら、その後の経過には関心を払わなくてよい”というのも、久喜市役所の流儀である。

看板の字が壊れているが、
こんなことは、もうどうでもいいことなのである。
--------------------------------------------------------------------------------

4.2005年6月16日、何と言ったらいいか…
f0153547_18101716.jpg
 今度の対応は素早かった。6月14日の、その日か翌日には、直したらしい。
はがれていた【お知らせ】を貼り直し、落語「ヨネスケ」のポスターを貼りだした。
 久喜市役所も、“やればできる”ことがわかった。
 しかし、こういうところで、“猪股のような意地悪い書き方をされないと、やらない”ということもわかった。

 ついでに言っておこう。「お知らせ」の紙は、再生紙の中でも紙質の悪いものを使っていて、日に晒されてよれよれなのだ。少なくとも、市民に“読んでほしい”という気持ちは伝わってこない。(…まあ、紙質をよくしても、こんな内容のお知らせを読む人もいないだろうが…)。
f0153547_18103980.jpg 久喜総合文化会館の「喜」の字も、さっそく修繕された。
 と言っても、この「喜」の字の材質、何だと思ったら、厚紙にマジックで色を塗って、両面テ-プではりつけただけ。いっしょうけんめい苦労して、紙を切り抜いた努力は大したモンですが、雨に打たれて、日に晒されて、1日しか経っていないのに、すでによれよれだ。
 いつまで持つかな? 時間の問題?

 掲示物の内容といい、あまりにもみっともない、こんな掲示板のありさまが、見る人に、「この会館、もうダメだな」という印象を与えることに気付かないのだろうか。
--------------------------------------------------------------------------------

5. 2005年8月
f0153547_1811768.jpg
 一応、「総合文化会館」の看板の文字も普通の書き文字になって、掲示物も、期日の過ぎたものははずされたりするようになった。
 でも、「催し物のご案内」や、「利用のご案内」の紙は、普通のコピー用紙で、日に晒されて、読める状態ではない。
 「ヨネスケ」の落語公演は秋ですから、ずっとこのままにしておくのだろう。
--------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by tomoni_k | 2008-02-24 18:20 | 「変」じゃない

久喜市役所5階の窓から正面に見える

特選・とびきりの変なものはこれ
f0153547_23161715.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2008-02-10 23:20 | 最悪だ

久喜駅西口、サリアビルの変遷、そして今

(1) 2003年7月
 久喜市の玄関口、久喜駅西口ビルは久喜市が施工して建てたもの。
忠実屋、その後、ダイエーが床のほとんどを所有していたが、とにかく客が少なかった。
 いつつぶれるかは時間の問題だったのだが、2002年5月にとうとうダイエーが撤退して、その後、1階の片隅で、2つの銀行だけが営業を続けるのみ。
f0153547_18525759.jpg
 1階中央の正面入り口には、銀色に光る板がはられて壁になっていて、前を通る人に大きな圧迫感を与える。
f0153547_18544818.jpg
 駅からそのまま入れるように作られていた、2階入り口も銀色の壁。
「このままじゃあまりにも殺風景だ。何とかしよう」という市民団体の発案で、「市民ギャラリー」と銘打って市内高校などの絵が貼り出されたりもしたが、あまり貼り替えられることもない。
 昼間でもちょっと薄暗くて、コワイ感じもするし、通る人はほとんどいない。
 「ギャラリー」の絵を見る人もいない。
 人が通らないのをこれ幸いと、夏場など、高校生カップルが1組、仲良く寝ころがっていたりする。
f0153547_18582352.jpg
 普段はこのデッキを通る人もいないが、これらのデッキ通路が人でいっぱいになる日がある。
7月12日、18日の夏祭りにはこのデッキの上は提灯山車を眺める特等席になる。
------------------------------------------------------------
(2) 2005年6月
 サリアビルを封鎖した鉄板に貼り出された「ご案内」
f0153547_193830.jpg

今年(2005年)の5月じゃあない。
2002年(平成14年)、つまり、もう、3年前の5月、“遠い昔??”のお話である。

知らない人は、今年の5月の話と思うだろう。
(今年、2005年5月31日は火曜日)
------------------------------------------------------------
(3) 2008年2月
2007年7月に、スーパー「ハナマサ」が1階の一部だけを使って営業を始めたのだった。
しかしこれも、今年2月、わずか半年で撤退が決まった。
f0153547_1971997.jpg

2階の通路はこうなっている。
f0153547_7462936.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2008-02-08 19:11 | 「変」だ