フェンスの穴

f0153547_21181794.jpg

 栗原にある児童公園をぐるりととりまくフェンスに2か所だけ、穴が空いている。
 さて、この穴は、何だろう。
 わざわざあけてあるのは確かだけれど、何のためだかわからない。
 ある人は“ネコが通る通路じゃないか”と言ってたけれど…、ウソでしょ?
      -----------------------------------------------
f0153547_1873855.jpg
こっちにもあった
 栗原の別の児童公園。
 やっぱり、
 ネコの道だろうか?
      --------------
知人が教えてくれた。
上の写真の植え込みの向こう側、下の写真の奥の方、
マンホールのフタが見えるのは消火栓なんだそうだ。
つまりこの穴は、消火栓からホースを引いてきて、
フェンスを通すための穴なんだそうだ。


素人は、いざという時はフェンスの上を通した方が早いんじゃないかと思うんだけど、
フェンスに穴を空けることになってるんだって。

[PR]

by tomoni_k | 2009-01-28 21:23 | 「変」だ

もう一つの「道しるべ」

f0153547_12473736.jpg
こちらは市役所通りと県道上尾久喜線の交差点(江面)。
市役所通りの道路築造の際に土地が余ったので、昔の街道風にモニュメントとして置いた。
「右 しやくしょ」 「左 ひのくち」と彫ってあるが、ほとんど気付く人はいない。
改めてよく見たら、彫り込んだ文字に、わざわざ白いペンキが塗り込んであった。
それでもあまり目立たないし、白ペンキは少し薄汚れて見にくくなってきているが、もともと道しるべとしての役割があるわけでもなく、“モニュメント”だから、別に気にする人もいない。
その意味では、、「東公民館」の“道しるべ”とは違う。
[PR]

by tomoni_k | 2009-01-08 12:54 | 「変じゃない」けど

あ~あ、ホントに塗っちゃった~

f0153547_17445984.jpg
六間道路の際に立っている「東公民館」の道しるべ、以前のは御影石に彫り込んだだけの文字が素朴な感じでよかった。

でも、文字が見にくかったのは確かで、昨年12月議会で春山議員が、「車で通ると公民館入り口がわかりにくいので、この道しるべとは別にもっと目立つ看板をたててほしい」と要望した。

で、市当局は、「目立つようにすればいいんだろう」とばかりに、エイヤッと塗りつぶしてしまった。
別に看板を立てるよりも、塗ってしまえば安くすむということらしい。

12月議会の質問の際に、春山さんはせっかくの石彫りの文字を塗りつぶすのはかえって美観を損ねるので、考え直してほしいと求めていたのだが…。
春山さんのブログへのリンク
[PR]

by tomoni_k | 2009-01-05 17:47 | 「変」だ