【最悪】 原発震災と久喜市内の放射線量

 3月11日の大震災と、その後の東京電力福島第一原発の大事故による爆発、放射能漏れが続いている。

 私は14日には市に対して「早急に放射能測定器を購入した方がいい」と申し上げ、また25日には市長と水道部長にメールを出して久喜市の水道水の放射能測定を実施して公表するよう求めた。

 市では3月23日に携帯型放射線検知器を購入(36万円)して、25日以降、毎日午前9時と午後3時に市役所庁舎における空中放射線線量の測定を実施して公表している。
f0153547_11143371.jpg

⇒久喜市内の空中放射線量測定結果

 また久喜市内の浄水場と給水口(水道の蛇口)における放射線測定も実施してその結果をホームページ上に公表している。
⇒水道水中の放射線量測定結果

 市役所庁舎の空中放射線量は、福島第一原発からの大量の放射能物質の放出が続いていた(であろう)3月中は「0.1マイクロシーベルト」を超えていたが、それ以降はほとんど「0.05~0.1マイクロシーベルト」の間におさまっている。

 さて、今日(4月28日)朝9時に、市役所庁舎の空中放射線量について職員といっしょに測定器の数値を確認したのであるが、その時点では「0.28マイクロシーベルト」となっていて、昨日までよりもかなり高めであった。
f0153547_11122751.jpg

 職員は安定していない可能性があるので、安定してからもう一度計ってみると言っていた。
 確かに、写真を撮るために表示面をこちらがわに向けて動かしたのだが、少し動かしただけで、数値が安定しないことがあるのだという。
 それでも測定結果はそのままの数値を公表した方がいいのではないか。

 なお、埼玉県は県庁で毎日1時間ごとに放射線量の測定を実施していて、県のホームページに公表されているが、その数値はほとんど「0.05~0.09」であり、久喜市の「0.05~0.1」という数値もほぼ同じ水準で推移していると見られる。
 ちなみに、大震災以前の埼玉県での観測データは「0.031~0.060マイクロシーベルト」と発表されているから、それと比較すれば、原発大事故以降の埼玉県内の放射線量が確実に上がっている。

 さらに市の教育委員会では、4月21日以降、市内の小中学校の校庭における放射線量の測定を実施した。
 全校ではなくて、各地区2~3校ずつ、9校で測定していて、地上1mくらいの位置で「0.05~0.16」という数値が出ているのであるが、公表するかどうかは決めていないという。
 それで私は今日の朝、学校教育課長に対して、「むしろ積極的に公表して安全性を確認してもらった方がいい」ということと、校庭地表面での数値を測定するよう求めてきた。

 いずれにしろ、私たちは、原発震災以前よりは確実に上昇した放射線を少なからず浴びながら、「直ちには健康に影響はない」とされる範囲ではあるが確実に体内に取り込みながら、暮らしていかざるを得ない現実に、真っ正面から向き合う必要がある。
[PR]

by tomoni_k | 2011-04-28 11:29 | 最悪だ

【いいもの】 久喜まちの駅

f0153547_942448.jpg
4月23日、中央3丁目の空き店舗だったところに「まちの駅」がオープンしたので、市議会会派・政策会議のみんなで訪問してみた。
現在は“プレオープン”で、グランドオープンは5月28日、上田知事を迎えて大々的に行う予定だそうだ。
f0153547_943621.jpg
商店街の活性化をめざした取り組みの一つである。
⇒ 商工会のお知らせのページへのリンク
久喜の逸品や特産品コーナー、東日本大震災の被災地救援のための東北物産コーナーも設置されていた。
ここに来れば久喜のお土産が全部そろっていて、何でも買えるようになればいいと思う。
きっと「あっ、こんなものがあったのか」「あれもほしい」「これも買っていこうか」という気分になるのではないか。
久喜を訪れたお客さんを、帰りにはぜひここに立ち寄ってもらってはどうだろう。
久喜市議会には、ごみ行政や市民参加の仕組み作り、議会活性化の取り組みなど、いろいろな先進的取り組みがあるから、全国の市議会から多くの視察者が来るから、そういう方々もここに案内したらいいだろう。
難点は駐車場がないことだが、近くの市営駐車場を案内するという。
[PR]

by tomoni_k | 2011-04-24 09:20 | いいもの

エレベーターを使わざるを得ない人もいる

市役所にはエレベーターが2台が並んでいて、左側は大震災以降は運転を中止している。
f0153547_193971.jpg
右側のもう1台は運転はしているが、「利用を控えるように」という貼り紙がしてある。
f0153547_1931983.jpg

これは「余震で途中でストップして閉じこめられてしまうかも知れないから、乗らない方がいい」という警告だろうか。
しかし本当はそんな階の途中で止まるなんてことはなくて、ちゃんと最寄り階まで行ってそこで止まるようになっている。
そういう設定になっていなければ、普段だって危なくて利用できないではないか。
足が不自由だったり、高齢などで階段を上るのがたいへんな市民もいるのだ。
どうも久喜市役所の表現は、読む側の立場に立って、どう受け止められるかを考えていないのではないか。
[PR]

by tomoni_k | 2011-04-15 19:15 | 「変」だ

傾いている

f0153547_18481923.jpg
朝8時半から、市役所5階の市議会第2協議室で会派の会議を行った。
私の正面の壁の額が、地震のせいか、大きく傾いていた。
その下に座った内田議員は「はずしちまえ」と言うのだけれど、
一応まっすぐに戻しておいた。
こんな写真を撮っていられる私たちはのんびりしすぎているかも知れぬ。
久喜市内でも家自体が傾いてしまった被災者たちがいて、
東北には家そのものが跡形もなくなくなった人たちがいるのだ。
[PR]

by tomoni_k | 2011-04-14 18:55 | 「変じゃない」けど

【変ではない】 半旗

いずれも久喜市の施設で、撮影日は4月11日。
私にとっては「日の丸」はどうでもいいのだが、やっぱり大震災の被災者のことを思うと気になってしまう。
f0153547_1911466.jpg

f0153547_19112032.jpg

f0153547_19113148.jpg

半旗になっているのは、犠牲者に弔意を表してのことと思う。
半旗になっていないところもあるが、一定期間を過ぎたという判断か。
それぞれの施設管理者の判断で、それぞれ弔意の表し方は違っていい。
誰かの指示でいっせいに一律にとはいかぬ。
[PR]

by tomoni_k | 2011-04-12 19:15 | 「変」じゃない

【今はもうない】 唯一の喫煙所も撤去された

f0153547_8335833.jpg
市役所本庁舎は「施設内禁煙」になっている。
はずだったが、実は唯一の喫煙場所が、5階の本会議場の裏にあった。
議会の休憩中などには、今は5人くらいになった喫煙議員と部長の中の何人かが利用していた。
それがついに撤去されたのは、年度替わりの一昨日のことであったらしい。
f0153547_8394929.jpg

あちこちにあった大量の吸い殻入れはどこにしまってあるのだろう、何かに再利用できないかなんて変なことを、つい考えてしまう。
[PR]

by tomoni_k | 2011-04-02 08:46 | 今はもうない