【楽しみではある】 アリオ久喜・鷲宮、でっかいなあ

f0153547_188862.jpg

 北陽高校の西側、旧久喜市と鷲宮町の境界だった付近に、大型ショッピングモール「鷲宮南部開発」の工事が進んでいて、大きな大きな店舗の姿が浮かび上がってきています。
 最初は2008年にはオープンする計画だったのが、用地買収の遅れ(?)、周辺道路工事の遅れ、経済情勢の低迷などで遅れ続け、いったいいつになったら始まるんだろうと噂になっていましたが、いよいよ今年秋には開店の見通しだそうです。
 ただいまだに、オープンの日程もどのようなテナントが入るのかも、(公式には伝えられていませんだいたい決まってはいるようです)。
 市民の話題は、アリオの核テナントがイトーヨーカドーになるということは、現在の久喜の西口市街地の中心にあるヨーカドーが移転してしまうのだろうかということです。
 伝えられるところによると、現在のヨーカドーの食品部門は残るそうですが、西口商店街の空洞化がいっそう進むことになるのではないかという心配の声も聞かれます。

 旧菖蒲町の久喜寄りには、すでに2008年に「モラージュ菖蒲」が開店しました。
 ヨークマートが核テナントで、さらに周辺には流通・商業・工業も含む大規模開発が進んで、それらの大規模店舗の相乗効果でたいへんにぎわっています。
 鷲宮南部開発の方は、やはりヨーカドーを核テナントとする「アリオ久喜(鷲宮)」ですが、こんなに近くで大規模なショッピングモールが並立できるのか、ちょっと心配の声もあります。
[PR]

by tomoni_k | 2012-03-24 18:32 | 「変」じゃない