太陽光線にさらされる絵画たち

f0153547_16440758.jpg
 ふれあいセンターのロビーに大きな絵画が2点、掲出されています。
 市の持っている美術品はすべて市民の財産です。
 したがって私は、これらは基本的に市民に見てもらえるようにすべきだと考えていて、昨年には一般質問で、市の所有する美術品の市民への公開や市のホームページでのデジタル美術館の取り組みなどを提案したりしてきました。
 しかし、ここの絵画の掲出方法はさすがに問題があるのではないでしょうか。
 この絵画たちは、毎日朝にはロビーの全面ガラスを通しての“直射日光”にさらされ続けているのです。
 美術品、特に絵画の管理状態としてはかなりの問題があると思っているのですが、いかがでしょう。
 ちょっと、絵がかわいそうです。

[PR]

by tomoni_k | 2016-02-21 16:56 | 「変」だ

【大満足】 手塚治虫のヒーローたちに会えた


 1月に視察を実施した兵庫県篠山市議会宝塚市議会の報告はすでに掲載した。
 その中で、28日のホテルのチェックイン後に近くの手塚治虫記念館の前まで行ったが、閉館していて「残念」と書いた。
 翌日、宝塚市議会の視察を終えた後、偶然にも昼食を予約していた宝塚駅近くのレストランがその記念館から徒歩5分くらいのところだったので、昼食前の少しの時間で見学することができた。
 おかげで昼食時間が短くなってしまって、駅まで雨の中をみんなで駆け足で行くことになってしまったけれど…。
f0153547_10414666.jpg
f0153547_10441134.jpg
門柱にアトムたちのレリーフがはめ込まれていた。
f0153547_10460546.jpg
f0153547_10461854.jpg
f0153547_10462702.jpg
f0153547_11000669.jpg
ロビーのアトム、リボンの騎士の像までは撮影可。
f0153547_10463607.jpg
f0153547_10464125.jpg






[PR]

by tomoni_k | 2016-02-08 11:08 | いいもの

【「変」だ】 1本1万円の看板の活用法


f0153547_18391785.jpg
 青葉公民館の駐車場に、昨年から置かれている。
 公民館の建物が老朽化していて壁がはがれて落下するので、危険だから近づかないようにという警告看板。
 警告の紙を貼り付けるのに利用しているのは、2005年に1基1万円で作成したごみ・犬フン放置禁止の看板である。
 すでに役目を終えたと判断されて、他の警告文の貼り付け台に活用しているらしい。
 ⇒参照 2005年4月のブログへのリンク



[PR]

by tomoni_k | 2016-02-07 11:47 | 「変」だ