平沼落堀川の水門は動くのか

 20年くらい前、青葉5丁目地区で降雨時にはたびたび道路冠水や住宅への浸水被害が起こっていた。
 マンホールから雨水が下水道に流れ込んで、家庭のトイレが流れなくなったり、ひどい時には逆流したりした。
 根本的には地盤沈下で雨水排水がうまくいかなくなっていることが問題だったのだが、何とか浸水被害を防ごうとしていろいろな対策を取ってきた。
 私も、議会で何度も具体的な対策を提案した。
 その結果、平沼落川の浚渫と柵渠のかさ上げ、住宅地から雨水が流れ込むU字溝に逆流防止弁の設置、青葉小学校のグラウンド地下に雨水浸透貯留槽の設置、5丁目公園の地下に雨水の一時貯留槽と排水ポンプの設置、平沼落川が青毛堀に流れ込むところに逆流防止の水門の設置などが実施された。
f0153547_08394210.jpg
平沼落堀川の水門、向こうは青毛堀川

 だいたい1990年代後半から2000年頃までに、これらの対策工事が実施されて、その後も豪雨時に一時的に道路冠水することはあるが、以前のようなひどい浸水被害は減少している。

 先日、5丁目の住民から、平沼落川の水門の管理はちゃんとやっているのだろうか、点検はしているのだろうかと聞かれたので、管理担当課である市の下水道課に問い合わせてみた。
 ちょうどこの水門が設置された頃、青毛堀の改修で流量に余裕が出てきていたこともあって、設置されて以降、青毛堀からの逆流防止のために実際に水門が閉められたことはない。
 だから、この20年くらいの間、点検も動作確認も行われてきていなかったらしい。

 しかし最近はたびたび異常気象やゲリラ豪雨の発生もあるから、いつ実際に動作させることが必要になるかもわからないので、点検と動作確認はしておくべきだろう。
 というわけで、7月18日、上下水道部長や下水道課長、担当職員が点検に来たのだったが、水門を下げるモーターが動かない。
 手動のハンドルは動くようだが、うかつに作動させて閉めてしまったら、その後で元通りに開けられるかどうかもわからない。
 それでこの日はあきらめて、あらためて図面を確認して専門業者に依頼する方向で、検討することになった。
f0153547_08395472.jpg
職員が水門の上に上って動かそうとしたが…


[PR]

by tomoni_k | 2017-07-19 08:45 | 「変」じゃない

【「変」だ】 非常階段にも手すりが必要だと思う

 情報公開請求をするので、このところ何度か、市役所裏の公文書館に足を運んでいる。
 現在、大規模改修をしているので、初めて裏の非常階段から出入りしたのだが、ここに手すりがないことに気がついた。
f0153547_17584109.jpg
 中の階段に手すりがあるのは当然として、本当は非常階段にこそ手すりが必要なのだと思う。
 非常階段は、文字通りに「非常」の際に人が避難するために駆け下りたりするので、そういう時こそ手すりがないと危険だろう。
 館長に手すりの設置の計画について聞いてみたら、現在の改修工事に合わせて設置することになっているとの答えで、一安心した。
 市役所本庁舎でも、以前は非常階段には手すりは設置されてなかったのだが、2011年に私が一般質問で取り上げて、やっと設置された。
 その時に、市の他の施設でどうなっているかまでは調べなかったのだが、隣の公文書館で未設置のままだとは気がつかなかった。
 この分では、他の公共施設でも、非常階段に手すりのないところがまだ残っているかも知れぬ。
 調べてみる必要があるかもしれない。

[PR]

by tomoni_k | 2017-07-18 18:18 | 「変」だ

【「変」だ】 理科大跡地の超巨大物流施設の建設工事 

 理科大跡地への物流施設の建設が始まっています。
 市では周辺環境を悪化させないために、「地区計画」を定めて規制をかける方針を明らかにしていましたが、結果的にはほぼ計画通りの物流センターの建設が容認されました。
 マルチテナント型の物流施設「イーシャンレッドウッド 久喜ディストリビューションセンター」
 敷地面積:8万1000㎡
 建設規模:延床面積約15万5600㎡、建築面積3万9900㎡、4階建て、高さ31m
 着工:2017年6月1日
 竣工:2018年9月末(予定)
f0153547_11052998.jpg
f0153547_11061807.jpg
f0153547_11063571.jpg
 これまでの理科大敷地内のグラウンドのまわりの樹木の多くはすでに伐採されました。
 調整池も狭くなっていますが、市では、多量降雨時の周辺の冠水を防止するために調整池を掘り下げて現在の1.6倍程度の容量を確保させたなどとしています。
 完成すれば、タテヨコ200m、高さ31mの超巨大な箱形の施設がどーんとそびえることになります。

 西側の老人ホーム偕楽荘、南側の久喜特別支援学校、東側に開設する予定の市の生涯学習センター・子育て支援センターの目の前に高さ31mの壁が200mも向こうまで延々と続いている光景、その圧迫感はどんなでしょうか。

 進入路は、養護老人ホーム偕楽荘の南側に、車道幅員9m、延長100mの道路が新設されます。
 すでに工事用道路として使われていますが、偕楽荘のすぐ南側に接して工事用トラックがひんぱんに出入りし、これまで静かでのどかだった景観も環境も一変してしまいました。
 下の写真は工事現場入り口から見た老人ホーム偕楽荘(右)と偕楽荘の敷地に接した工事用道路です。
 この道路がさらに拡幅されて進入路になります。
f0153547_11065873.jpg
 物流施設が完成すれば、ここを24時間365日、トラックが走ることになります。
 市に交通量がどれくらいになるのかの予測や対策を問い合わせても、まだテナントが決まらないのでわからないと言うばかりで、真剣に環境を守る意志があるのかどうか疑問です。
          ----------------------
 加須市に、同じレッドウッド加須ディストリビューションセンターという物流施設が、今年1月に完成しているので、見に行ってきました。【写真・下】
 高さは4階建て約30mで久喜とほぼ同じですが、建築面積8000㎡、延べ床面積3万3000㎡です。
 久喜と違うところはこちらは工業専用地域で、まわりには工場や倉庫が並んでいます。
ボリュームとしては久喜の5分の1ですから、ということは、理科大跡地には、これの5倍の施設が建つことになります。
f0153547_11074280.jpg

[PR]

by tomoni_k | 2017-07-08 11:34 | 最悪だ

【変じゃないけど】職員おそろいのオレンジのポロシャツ

久喜市役所の国民健康保険課、職員がオレンジ色のポロシャツを着て応対いるのを見かけた。
f0153547_21132411.jpg
これは「特定健診を受けましょう」というキャンペーンらしい。
ポロシャツの背中に「特定健診お早めに」というロゴが入っているのだが、残念ながら、カウンターで応対している市民には見えない。
と言うか、文字が小さいので、後ろを向いたときでも読み取れないのはもったいない。
先日、職員の皆さんがオレンジのポロシャツを着ているのを見かけたのだが、翌日に通ったときには私服だった。
聞いてみたら、市の正規職員(常勤職員)にだけ市から貸与していて、週1日、月曜日にだけみんなで着ることになっているのだという。
せっかくのキャンペーンなら、臨時職員にも配布して、全員で毎日着てもらってはいかがか。
また、市民に応対する胸のところにもっと大きくロゴを書かなければ、市民には意味が伝わらない。
大胆な宣伝ができない、あるいは宣伝しても控えめで効果は二の次なのは、いかにもお役所らしい。

[PR]

by tomoni_k | 2017-07-06 21:28 | 「変じゃない」けど