【「変」⇒「いいもの」】久喜市議会事務局の机配置が変わった

久喜市議会事務局を廊下側から撮った写真です。
f0153547_12024796.jpg
手前のカウンターの向こう側の職員の机の配置は、昨年までは横に並べられていました。
結果的に、廊下にいちばん近い職員は、入り口に背を向けて座ることになります。
そうすると在席の職員が少ない時など、お客さんが来たのに気付かないでいるなんてこともありました。
用事があって訪問した市民=お客さんから声をかけられないと気がつかないで、結果的に「知らんぷり」というたいへん失礼なことになったわけです。
私は以前から気になっていたのですが、昨年の暮れの議会終了後に、代表者会議の場で、「机の配置を変更するべきではないか」と問題提起しました。
今週、事務局に行ってみたら、机の並びが変わっていて、カウンター越しにすぐに対応できるようになっていました。
やっぱり、気になったことは言ってみるべきですね。

# by tomoni_k | 2019-01-18 12:17 | いいもの

【「変」だ】 詐欺メール(メッセージ)

 今朝、送られてきた詐欺メール(メッセージ)である。
 おそらくは数字をランダムに組み合わせた電話番号に、無差別に送信しているのだろう。
 記されている電話番号に電話したら、こちらの電話番号が登録されてしまって面倒なことになる。
 直ちに削除した。
f0153547_09405935.jpg

# by tomoni_k | 2018-12-27 09:45 | 「変」だ

【「変」だ】 市有地処分で地下から大量のゴミが出てきた!?

 12月21日の定例市議会閉会後に、議員全員協議会が開かれました。
 市長から報告されたのは、信じられないような「事件」でした。
 鷲宮地区に合併前に「農業センター」という施設があって、農家の農作業支援事業を行っていたのですが、役割を負えたということで、今年の3月をもって廃止されました。
 民間開発業者から、遊休地となった土地の払い下げ要望書が提出され、今年9月にその土地を民間に売却しました。
 面積4664㎡で、不動産鑑定価格は約6770万円でしたが、センターの建物施設6棟は業者が撤去することになって、その撤去費用約5230万円を差し引いて、売却金額は1559万9360円でした。
 その後、業者が住宅を建築するために工事に入ったところ、地下に、矢板、鉄筋、コンクリート片等の大量の埋設物が見つかり、市はそれらの地下埋設物の撤去費用を請求される事態となりました。
 すでに土地の所有権は業者に移っていますから、業者が負担している撤去費用を、市に損害賠償という形で請求されているわけです。
 今のところ撤去費用は約2700万円という見積もりが示されています。
 しかし、実際にはすでに撤去工事に入っている中で、最終的にいくらかかるか、明確な金額は出ていません。

 私は、正確なごみの量もわからないまま、また業者との契約や約束もないまま、工事を行ってしまって、かかった費用を後から請求されて、言われるがままに支払わなければならない、そんなやり方でいいのか、大いに疑問があると指摘したのですが、明確な答えはありませんでした。
 何だか、大阪の“モリなんとか学園”の問題が思い出されてしまうではありませんか。

 コンクリート片等は、どうも過去に不法投棄された産業廃棄物らしいのですが、それが公共施設の地下に埋まっていたというのはどういうわけでしょうか。
 もしかしたら、使い途のない土地に、公共施設を建てたということでしょうか。
 公共施設を建設する時に、そうした埋設物は見つからなかったのか、あるいはわかっていて放置されていたのか、だいぶん古い時代のことのようで、事実経過も責任の所在も明らかになっていません。

 それにしても、民間に払い下げる前に、地盤や地下埋設物の状況くらいは調査しなかったのでしょうか。
 議員の間からは、市で保有したまま公園にでもした方がよかったのではないか、今からでも買い戻せないのかという声も上がりました。
 結局、遊休地を売却して市の財政に寄与するつもりが、逆に、市有地を民間開発業者に、お金を払って譲渡したという結果になりました。
 市では他にも市が保有している遊休地処分を行っていく方針ですが、安易に売却を進めると、かえって市がとんでもない損害をこうむることもありそうです。
f0153547_16431720.jpg

# by tomoni_k | 2018-12-22 16:49 | 「変」だ

【「変」だ】 セクハラに決まってるだろ!

最近話題になっているポスターを、ふれあいセンターのエレベータ前の掲示板で見つけた。
「これもセクハラ?」って、意外そうな顔をして戸惑っている男。
久喜市の男連中でも、「考えすぎだよ」って言ってしまいそう・・・。
一応、「セクハラを決めるのは あなたではない!」って小さく書いてあるけれど、弱いなあ。
こういう男には、はっきりと「セクハラに決まってるじゃん」って言ってあげないとわからないんだよね。
f0153547_13124373.jpg
こんな「変」なポスターをいまだに貼り出してる、久喜市の人権感覚も、よくわからない。


# by tomoni_k | 2018-12-14 13:18 | 「変」だ

【「変」な議員もいる】 あまりにも、あまりにもくだらないヤジ

 一般質問の初日に、ある議員が、小中学校のトイレの悪臭の実態と、洋式トイレへの改修の促進の計画について質問をした。
 教育部長は、学校校舎の耐震改修の工事や雨漏りの改修も進めなければならないので、トイレの改修も含めて計画的に進めていくという答弁した。
 しかしこれは全体的に進めていくという意味ではない。

 実際、別の議員が、校舎の雨漏りが授業の支障になるほどにひどい実態であることを説明して、校舎の早急な改修を求めた際には、今度は他心改修やトイレの改修なども進めなければならないという答弁をしているのだ。
 つまりは、トイレの改修、耐震改修、雨漏りの改修等々、多くの課題があることを言い訳にして、先送りの口実にしているにすぎないのだ。

 で、トイレの改修の早急な取り組みを求めた議員は、「トイレの改修と雨漏りの改修をいっしょに論じるべきでない」と追求したのであった。
 これは、いろいろな課題があることは事実だが、他の課題を言い訳に使うべきではないという抗議であった。

 その時、議場から『どっちも漏れるよ。へへへ』というヤジが飛んだ。
 ヤジを飛ばした本人は、気の利いたギャグのつもりだったのかも知れぬが、議場でだれも笑う人はいなくて、一瞬、しらけた空気が漂った。

# by tomoni_k | 2018-12-09 22:22 | 「変」だ

【「変」だ】 理科大跡地にそびえた巨大物流施設

 すでに旧聞に属するが、11月1日、東京理科大跡地に建設されたレッドウッドグループの物流施設「イーシャンレッドウッド久喜ディストリビューションセンター」の内覧会があって、見に行ってきた。
 パンフレットには「地上4階建て、上り下りのランプウェイを備え、3階までトレーラー・コンテナ車が直接アクセス可能」を売り文句にしている。
 延べ床面積15万平方mだから、タテヨコ約200m、高さ30mの巨大な正方形の箱がそびえているといえばイメージがわきやすいだろうか。
f0153547_14363867.jpg
4階から1階まで、施設の中を一回りしたが、とにかくでかい。
こちらから200m弱先に、向こうの出口があるのだが、中学校の校庭3~4つ分の広さといったらいいだろうか。
f0153547_14363868.jpg
f0153547_14363849.jpg
 西側の出入り口、車両進入路の9m道路のすぐ脇には養護老人ホーム偕楽荘がある。
 この物流施設が稼働すれば、大型トラックが偕楽荘に入居する高齢者の居室のすぐ南側を、24時間365日、走行することになる。
 お年寄りに優しいまちとはとても言えぬ。
f0153547_14363773.jpg
【写真上 ↑】 4階の窓から外を見るとすぐ下に偕楽荘の屋根があった。
【パノラマ写真 ↓】左側の偕楽荘、途を1本はさんで巨大な箱がそびえている。
f0153547_14363985.jpg
 東側には理科大の旧校舎の建物には、市の教育委員会や子育て支援センター、生涯学習センターが入ることになっている。
 市の公共施設配置から考えても、決して望ましい環境とは言えまい。
 地元の清久区長会の皆さんが総意で、市議会に反対の請願を提出したにもかかわらず、それを無視・否決して、田中前市長と久喜市当局、そして市議会の多数派を占める議員さんたちがこんな立地を認めてしまった。
 久喜市の将来にまで“禍根を残す”誤った政策判断であると言わざるを得ない。
なお、1階の北西角には従業員向けの保育所スペースが確保されている。
ガラス張りで、子どもが喜びそうな造りになっているのだが、子供用便器が3つしかなくて、いったい何人の子どもを想定しているのだろうか。
f0153547_14363995.jpg

# by tomoni_k | 2018-11-18 14:48 | 「変」だ

【いいもの】 けいわ祭りで“五輪”を作った

今日(11月17日)、久喜けいわ(元は啓和寮といいました)で、けいわ祭りが開かれたので、参加してきました。
9月には啓和会30周年記念式典が開かれましたが、けいわ祭りも30回目だそうで、私もこのけいわ祭りには毎年欠かさずに参加しています。
【啓和会30周年の記事へのリンク⇒】
今年もたいへんな賑わいで、いろいろなボランティア団体や協力団体の出店や屋台、バザーも大いに人だかりができていました。
オープニングは久喜高校の吹奏楽部の演奏でした。
f0153547_23302777.jpg
来賓で来ていた市長、議長、石川県議に会った他、川辺議員はボランティアで参加していました。
舞台で、清久婦人会がフラダンスや南京玉すだれを演じたのですが、急に「人数が足りないから手伝って」と声がかかって、私と春山議員が玉すだれの五輪作りに駆り出されました。
f0153547_23260884.jpeg
玉すだれなんてやったことがなかったので、どうなることかと思いましたが、舞台上で、メンバーさんが作った輪を「このまま崩さないでね」と持たされて、何とか形になりました。




# by tomoni_k | 2018-11-17 23:36 | いいもの

【いいもの】 宇部線草江駅、そして山頭火のふるさと

 11月7日から9日まで、教育環境委員会で、山口県の防府市、長門市、下関市の視察研修に行ってきました。
 久喜市では、これから建設する新ごみ処理施設で「ごみ発電」と生ごみのバイオガス化施設の導入を検討しています。
 防府市クリーンセンターの可燃ごみ焼却施設と生ごみバイオガス化施設の複合処理施設は、国内初の取り組みであり、久喜市のごみ処理施設整備基本構想でも大いに参考にしている施設です。

 7日に、降り立ったのは、山口宇部空港でした。
 普通は、空港から新山口まで高速バスで行くのですが、行政視察では最も運賃の安い経路を選択しなければなりません。
 そこで、空港から徒歩10分の草江駅から、列車で防府市へ向かいました。
 草江駅は空港からの最寄り駅なのに、無人駅でホームも1つ、1時間に1本の運行で、列車の行き違いもできない単線というのどかな駅でした。
 宇部線と山陽本線の各駅停車の列車を乗り継いで、1時間半をかけて防府駅までたどり着きました。
f0153547_21134697.jpg
f0153547_21134643.jpg
 防府市は、私の好きな種田山頭火の故郷です。
 翌日の8日、朝食前に、山頭火の生家跡や市内に散在する句碑を見て歩きました。
f0153547_21134597.jpg
「うまれた家はあとかたもないほうたる」
f0153547_21134705.jpg
「雨ふる故郷ははだしであるく」
f0153547_21134679.jpg
「ふるさとの水をのみ水をあび」

# by tomoni_k | 2018-11-10 21:34 | いいもの

【いいもの】 剪定枝をチップにして撒いてみた

 久喜宮代衛生組合で、剪定枝粉砕機の無料貸し出しを行っています。
 これまで、庭木の剪定枝は燃やせるごみの日に出していましたが、長さ50センチ、太さ10センチ以下(処理センターによって違います)に切って束ねなければならないなど、けっこうたいへんでした。
 それで、伸びすぎた庭の木の枝をようやく切り詰めたので、衛生組合に申し込んで剪定枝粉砕機を借りてきて、使ってみました。
 機械は何とか1人で持てる重さで、軽自動車の荷台に載せて運んできました。
 この土・日に半日ずつかけて、剪定した枝を1人で処理しましたが、写真のダンボール箱に8箇分ほど、だいたい30kgくらいになったでしょうか。
 剪定したチップは雑草抑制効果があるというので、家の裏の塀のすきまに撒いてみました。
 本当はもっと土地に余裕があれば、枝葉チップを積み上げて水をかけてしばらく発酵させれば堆肥になるのですが、私の家ではちょっとその余裕はありません。
f0153547_18182313.jpg
f0153547_18182466.jpg
 衛生組合としては、市民が剪定枝を自分の家で処理して燃やせるごみに出さないでくれれば、ごみ減量にも役立つというわけです。
 久喜市議会9月定例会の一般質問で、ある議員が、ボランティアが学校の樹木を剪定した枝木を処理するために、学校で剪定枝粉砕機を設置するように求めていました。
 衛生組合の粉砕機無料貸し出し制度は、現在は一般家庭を対象にしていますが、衛生組合の議会で、これをボランティア活動や学校にも対象を拡大するように求めました。
 衛生組合ではさっそく対象を拡大する方針です。

# by tomoni_k | 2018-11-04 18:25 | いいもの

【「変」だ】 消費税を払わないと言ったら、『しんぶん赤旗』の配達をストップされた

 9月30日のブログ【参照⇒】に、共産党が市議会で『市の水道料金に消費前を転嫁するべきでない』と主張しているのに、自分たちの機関紙「しんぶん赤旗」には堂々と消費税を転嫁しているのはおかしいのではないかと書いた。
 9月分の集金の時に、『公共料金に消費税転嫁をすべきでないと言うのなら、私も、次回から「しんぶん赤旗」購読料の消費税分は支払わないことにします』と集金の方に宣言しておいた。
 さて、10月分の集金に見えた方は、『10月分の消費税はけっこうです。これ以降も消費税分を払っていただけないのなら、11月からの配達は止めさせてもらいます』とおっしゃった。
 それで置いていった領収書がこれで、消費税抜きの金額が762円であることがやっとわかった。
f0153547_18431806.jpg
(「しんぶん赤旗」には本体の値段も消費税がいくらなのかも書かれていないのだが、9月分の消費税込みの金額は823円だったから、消費税は61円ということになる)。

 しかし今回の共産党の対応はどうにも腑に落ちない。
 第1には、私の「しんぶん赤旗」購読料の消費税分は党の方で負担することにしたというのだが、それでいいのか。
 第2には、新聞を購読しながら消費税分を払わないという無茶な宣言をした読者(猪股)に対して、配達をストップさせることは、新聞販売者としては当然の対応であろうと思う。
 モノを売る以上、消費税を転嫁するのは法律上の義務であって、消費税を払わないという客に対しては販売を拒否するのはやむを得ない行為であるからだ。

 しかしそうすると、共産党が水道料金などの公共料金に消費税を転嫁するべきでないというのも、やっぱりスジの通らない無理筋のめちゃくちゃな主張であることを認めたことになるのではないか。
 それにもかかわらず、共産党の議員さんたちは、これからも市議会で、水道料金に消費税をかけるべきでないという主張を続けるのだろうか。

# by tomoni_k | 2018-10-31 18:46 | 「変」だ

【「変」だ】 キノコの群生、これって?

青葉公園(青葉グランド)の樹木の下に群生していたキノコ
12日に見つけた
これは猛毒の、テングダケだろうか
f0153547_21273289.jpg
ツバと茎の足元のツボと、カサに付いている斑点
どこから見ても、テングダケだと思うのだが
f0153547_21273216.jpg
こんな身近にあるとは思わなかった


# by tomoni_k | 2018-10-17 21:39 | 「変」だ

【「変」だ】 教育委員会の事務室は市民が取っつきにくい

 昨日、学区等審議会が開かれたので、旧理科大跡地の教育委員会に行ってきた。
 教育委員会事務局の前の廊下を歩きながら、市民を拒絶しているような冷たい建物だなあと改めて思わないではいられなかった。
 それはなぜか。
 当然のことながら、もともとこの建物は大学の管理棟の事務室だから、職員はすべて壁に仕切られた執務室の中にいて、廊下をだれも歩いていない。
 一部の執務室には廊下側に高いカウンターがあって、窓も開いているのだが、その前を通る時は、何となく監視されているような、そして中を見てはいけないような感じになるのである。
 もしも、市民がたとえば生涯学習課とか、学務課に用事があって来たとしてら、市民はどういう行動を取らなければならないか。
 生涯学習課の場合は、カウンターに開いた窓から「すみません」と呼びかけなければならない。
f0153547_17555991.jpg
 カウンターの前に立って職員と話をし、用事を申し込んで、終わるまで立ったままでいなければならないのだろうか。
 学務課の場合は、扉を開けて部屋の中に入っていかなければならない。
 自分の用件の担当がどこの課だかわからない、どこの課に行けばいいかわからなかった場合、たとえば総務課の扉を開けるのはかなり気を遣うし、勇気がいるのではないか。
f0153547_17560052.jpg
2階   ↑学務課   ↓教育総務課
f0153547_17560091.jpg
 市役所はすべてオープンで、ロビーのどこからでも事務室全体を見ることができる。
 全部の階のすべての課にローカウンターが設置されていて、職員はカウンターのすぐ向こうにいるから、とても声をかけやすくて、職員もすぐに「どうぞお座りください」と言ってくれる。
 それに比べて、この教育委員会の執務室の何と取っつきにくいことか。

 まだ旧理科大の建物は改修中で、教育委員会の執務室もこれから動くことになっているのでやむを得ない面はある。
 しかしそれにしても、全面的な改修が終わってそれぞれの課が動くまでは1~2年かかるから、それまではこのまま、市民が寄りつきにくいままでいるのだろうか。
 とりあえず、壁と扉をはずして、全部の課に市役所と同じローカウンターを設置して、市民が座って話ができるようにイスくらいは置いてはいかがか。

 教育委員会が市役所本庁舎の4階にあった時も、菖蒲支所2階に移った時も、ローカウンターだった。
 その時と、現在と、どちらが市民が来やすいか、市民が親しみが持てて身近に感じやすいか、職員の皆さんもわかっているのではないか。
 
 このブログで、これまでも教育委員会の建物への入りにくさや暗さを指摘して、かなり改善はされてきた。

# by tomoni_k | 2018-10-02 18:10 | 「変」だ

【「変」だ】 自分たちの機関紙にも消費税を転嫁しているのに…

 久喜市議会9月定例会は28日に閉会した。
 9月議会は一般会計や各特別会計の決算認定議案が提案されて、私はそれらの決算議案に賛成した。
 基本的に、決算は、その年度当初の予算が適正に執行されたのか、予算提案にあたって示された政策目標が達成されたのかどうかを審査するものであると認識している。

 共産党の議員さんたちの決算審査の認識はそうではなくして、彼らと基本的政治的立場、政策的に異なることを理由として、すべての一般会計、特別会計の決算認定議案に反対している。
 彼の党にとっては、それが賛成・反対の基準ということらしいから、理解できないこともない。

 理解できないのは、共産党の議員さんが、水道事業会計と下水道事業会計決算に対する反対討論で、「水道料金と下水道料金に消費税を転嫁するべきではない」と述べて、水道や下水道料金に消費税をかけていることを理由として決算に反対したことだ。

 私も、消費税の導入時から反対してきたし、来年の10%への引き上げも反対だが、しかし法律制度として存在している以上、消費税の転嫁はやむをえない、と言うか、すべての物品、サービスに対して、消費税を転嫁しなければならないことになっている。
(益税等の問題はあるが、それは別の問題として論じる必要がある)。

 実際、共産党の『しんぶん赤旗』の購読料にも堂々と消費税をかけているではないか。
 以前は『しんぶん赤旗 日曜版』には消費税を転嫁していなかったのだが、何年か前に集金の方が「経営的にどうしてもやむを得ないから消費税をいただくことになった」と、申し訳なさそうに行ってきたのを思い出した。
 しかし、共産党の議員が、水道や下水道料金に消費税を転嫁するべきではないと、今さらのように主張するのなら、まず、みずからの『しんぶん赤旗』の消費税転嫁をやめるべきではないか。
 昨日、共産党の方が『しんぶん赤旗 日曜版』の集金に見えたので、「来月から、『しんぶん赤旗』購読料の消費税分は支払いません」と宣言しておいた。
 実は、『しんぶん赤旗 日曜版』購読料の領収書にも、共産党のホームページにも、どこにも『しんぶん赤旗』購読料の消費税抜きの値段がいくらなのか、消費税額がいくらなのかは明記されていない。
 計算してみると、消費税込みで823円ということは、消費税抜きの購読料は“762円”で、消費税額は61円ということになる。
f0153547_12380169.jpg
 自分たちの新聞の購読料には消費税分がいくらなのかも示さずに転嫁しておいて、久喜市の水道や下水道の料金には転嫁するべきではないというのは、スジが通らないのではないか。
 もっとも彼らも消費税を転嫁せざるを得ないことはわかっているはずなので、形式的、アリバイ的に、あるいはかっこつけだけで、久喜市の消費税転嫁をやめるべきだと主張してみせるのではなくて、消費税そのものを問題にするべきではないのか。

# by tomoni_k | 2018-09-30 12:45 | 「変」だ

【「変」だ】 台風21号で枯れ木がついに倒れた

下の記事をアップしたのが、今日の午前10時頃だった。
夕方の6時半頃に通ったら、すでに倒木は片付けられていた。
市の公園緑地課で対応したのだろうか、さすがに早い!
ただね、せっかくやるのなら、完全に枯れたこの根元を残しておかないで、これも抜くか、もっと根元から切って片付ければもっと良かったのにと思う。(9月6日 19:00追記)
f0153547_18351570.jpg
---------------------------
 9月4日(火)午後7時頃、台風21号はすでに北海道方面に去ってしまっていたが、青葉公園ではあちこちに落ちてきた枯れ枝が散乱していた。
 この枯れ木も、立ち枯れたまま放置されていたものが、ついに根元から折れて倒れてしまった。
 幸い、人への被害はなかったようだ。
f0153547_10422967.jpg
 これまで何度も、青葉公園の枯れ木や倒木について掲載してきたが、市ではあくまで倒れてから片付けるという対応でいいと考えているようだ、
【参照⇒昨年9月の倒木へのリンク】

# by tomoni_k | 2018-09-06 10:53 | 「変」だ

【残念】 久喜市防災訓練は「雨天」のため中止でした

 今日(9月1日)の朝8時から予定されていた防災訓練は、雨天のために中止となりました。
 6時半に市の消防防災課から「雨が強くなってきたのと、グラウンドの状態が悪いため中止します」という電話連絡がありました。
 防災訓練は市内4会場で予定されていました。
 案内状には「いずれの会場も雨天中止。災害発生の怖れがある場合やグラウンド状況により中止とすることもございます」と書かれてはいたのですが、昨年に続いて2年連続の中止となってしまいました。
 鷲宮会場は特にグラウンドに地盤が悪いため、3年連続の中止です。

 どんな状態なのかを確認しておこうと思って、私はいちおう8時に久喜地区の会場である総合運動公園に行ってみました。
 昨日の内にすでに多くのテントが設置されて、準備は完了していましたが、確かに地面はかなりぬかるんでいました。
 雨の中で職員の方が立って案内をしていたのと、テントなどの撤収のためにトラックが集まってきていました。
f0153547_11393350.jpg
 確かに、担架の作成と搬送、応急手当、倒壊建物救出訓練など、予定していたいろいろなイベントや体験コーナーの実施はむずかしかったかも知れないとは感じました。
 それでもあえて言っておけば、規模や時間を大幅に縮小して、またイベントやコーナーを大幅に絞って、できるものだけでも実施してよかったのではないかという、率直な感想を抱きました。

 特に、雨の中の参集訓練などは避難誘導訓練を兼ねて位置づけられていたのですから、参加を予定していた市民の皆さんに集まってもらって、準備していたいろいろな救急用品グッズや非常食などを渡して帰ってもらうだけでも意味があったのではないでしょうか。

 昨年も中止になった後に、市民の方とお話ししていて、「雨が降っていたけど、家を出ようとしたら中止の連絡が入った」「集まるだけでもやっていいと思うんだけど」などの感想を聞きました。
 そこで今後、ただ一律に「雨天中止」ではなくて、雨天の場合にはとにかく集まってもらって、できる取り組みだけを実施することにしておくというのはいかがでしょうか。
 市民の皆さんにも、雨の場合は大幅に縮小して実施するという予定をお知らせしておいて、集まれる方だけ集まってもらえれば、むしろその意義は大きいと思うのです。
 担当課はグラウンドコンディションが悪いのを心配しているらしいのですが、参加者の自己責任で長靴ででも来てもらえばいいだけの話です。(以前は、ネクタイをしめて革靴で参加した来賓もいましたが、もともと防災訓練にそんなのは論外です)。
 フルバージョンの訓練と、雨天の場合の縮小バージョンと、2通り作成しておくのは、職員の方には負担かも知れませんが、議会で検討を提案してみようと思います。

 私は社会福祉協議会が準備していた「災害ボランティアセンター立ち上げ訓練」に、市内のボランティア団体でいっしょに参加する予定で、みんなも意気込んでいたのですが、中止になってしまい、本当に残念でした。
f0153547_11460014.jpg

# by tomoni_k | 2018-09-01 11:47 | 「変じゃない」けど

【「変」だ】 市長への手紙ボックスは、ず~~っと空っぽ

 久喜駅の改札前通路に「市長への手紙」が設置されていて、封筒と用紙が入っているのだが、もう1か月以上、空っぽのままだ。
8月20日の朝、JR切符売り場の前 ↓
封筒はなく、用紙が1枚だけ残っている。
f0153547_12062114.jpg
同じく、8月20日の朝、東武鉄道の改札前 ↓
f0153547_12062198.jpg
こちらは7月17日の朝 ↓
その時に箱の中に捨てられたごみも、1か月間、そのまま・・・。
f0153547_12062093.jpg
 JRの切符売り場の前の箱も、同様に、7月17日から空っぽになっていた。
 いや、私が気付いたのが7月17日だから、実際にはもっと前からだろうと思われる。
 その時に、よほどシティプロモーション課に連絡してあげようと思ったのだが、職員がいつになったら気がついて補充していくか、しばらくようすを見ようと思って、1か月が過ぎた。
 この間、シティプロモーション課の職員は一度も見廻りも点検もしていなかったことがわかった。
 また、市役所の職員で電車で通勤している人もいるし、東口から通路を渡っている職員もいるのだが、毎日、ここを通りながら、だれも気付かないか、気付いてもシティプロモーション課に知らせることもせず、知らんぷりしていたわけだ。
 久喜市の職員は、他の課の担当の仕事には関心を持ってはいけない、絶対に口出ししてはいけないというルールでもあるのだろうか。
 シティプロモーション課で定期的に巡回する制度を作るか、毎日ここを通る職員に正式に点検を依頼するか、何らかのチェックの仕組みを作らないと、こんなみっともない状態が続くことになる。

 私がなぜ、1か月前にこの状態に気付いた時に、担当課に言わなかったか。
 これまでも何度も私のブログで指摘してきたり、直接、担当職員に話して補充してもらったこともある。
 そのたびに、課長からは「ご指摘ありがとうございます。すぐに対応します」と“いい返事”が来るのだが、その場だけで、それっきり、また同じことの繰り返しだ。
 それにしても、何度指摘しても、何度言っても、担当課でみずから点検しては歩かない、絶対にチェックする体制を作ることもしないのは、なぜだろう。
 まさか、市長に対する職員のサボタージュではないだろうが・・・。
 議会で正式に取り上げて、正式に約束させないとだめなのだろうか。
 久喜市の職員の体質あるいは意識がおかしくなっていないか。

# by tomoni_k | 2018-08-20 12:40 | 「変」だ

【すばらしき】宵の夏空の惑星たち

8月17日、7時半頃、月、木星、そして西の空に金星が沈みかけている
f0153547_21341498.jpg
南に目を転じると、火星、そして、かすかに土星
f0153547_21341368.jpg
肉眼では、アルクトゥルス、アルタイルも見えるのだが、
スマホのカメラでは残念ながら写りようもない。

# by tomoni_k | 2018-08-17 21:40 | いいもの

【「変」だ】 危険へ誘導する点字ブロック

ある大きなホテルの玄関前のステップの端に、点字ブロックが敷設されていました。
でも、何かおかしい。
f0153547_07553066.jpg
これはおそらく、視覚に障害のあるお客さんが玄関を出てきた時に、段差があることを知らせるために設置したのでしょう。
しかし本来ならここには、点状の【警告ブロック】を設置しなければならない場所です。
実際に設置されていたのは、線状の【誘導ブロック】で、これは『線の方向へ歩けば安全ですよ』というサインです。
この【誘導ブロック】に沿って歩いて行くと、突然、段差の終わりで点字ブロックが途切れて、視覚障害者はステップを踏み外すことになります。
いや、ステップの端まで行く前に、歩いている途中で踏み外す危険もあります。
視覚障害者を危険に誘導する点字ブロックだと言わざるを得ません。
この記事は、当該のホテルを告発することを目的に掲載したのではありません。
いまだに点字ブロックに対する間違った理解、間違った設置方法が残っていて、放置されている現実があるということです。
そして、私たちの身近にも、こうしたケースがないかどうか、気をつけて見ていく必要があります。
もちろん、このホテルには、メールで指摘させていただきました。

# by tomoni_k | 2018-08-10 08:09 | 「変」だ

【いいものだけれど】 ライオンズのユニフォーム着用

市役所の市民課職員たちが変わった服装をしているのに気がついた。
聞いてみたら、西武ライオンズのユニフォームだそうだが、良く意味がわからない。
f0153547_17423280.jpg
f0153547_17422341.jpg
 3月に、久喜市と埼玉西武ライオンズとで連携協力に関する基本協定を締結して、そのキャンペーンのために、企画政策課、市民課、秘書課、シティプロモーション課の職員が、ライオンズのユニフォームを着て仕事をすることになったのだという。
 10日間の期間限定で、どのような意味があるのか、どのような成果を得ようとしているのか、よくわからないのだが、久喜市が各方面と連携を広め、久喜市のアピールをしようとしているのはわかる。
 意味はよくわからなくても、市民をはじめ、広く耳目を集めるのは、それ自体がいいことかも知れぬ。
 このユニフォーム着用は市役所の本庁舎にある4課の職員だけらしいが、総合支所の方はどうしてナシなの? 本庁舎でも3階や4階の職員より、市民の目に付く1階に集中させた方がいいんじゃない?
 それと、このユニフォームは買ったんだろうか、借りているだけなのかなんてことのほうが気になったりして・・・。

 8月18日の試合に、久喜市商工会のマスコットキャラクタ-【→リンク】 の来久ちゃんが登場するそうだが、しょうぶパンキーの方が少しは知名度は高いと思うんだけどなあ。

# by tomoni_k | 2018-08-09 18:00 | 「いいもの」だけれど

【いいもの】 サルスベリ通りのサルスベリたち

 今、栗原のさるすべり通りは、2mくらいの高さに枝を張ってきれいに花を咲かせています。
f0153547_15105140.jpg
f0153547_15105098.jpg
 例年だとまもなく剪定をかける時期なのですが、今年はどのような剪定になるでしょうか。
 昨年、街路樹管理指針を策定しました。
 将来の樹形を想定して、夏期には軽剪定、冬期に強剪定の基本に則って、樹形を整えていくことになっているのですが、久喜は昔から、落ち葉が散らないように夏の間に枝葉をほとんど落としてしまうめちゃくちゃなやり方を続けてきました。
 これは一昨年のさるすべり通りです。

 今年は、こんな風にはならないだろうと思うのですが・・・。


# by tomoni_k | 2018-08-04 15:15 | いいもの

久喜市議会で水害被災地救援募金の活動

 久喜市議会で、7月27日から31日まで、西日本豪雨水害被害救援募金活動に取り組みました、。
 ヨーカドー、モラージュ、久喜駅、鷲宮駅、東鷲宮駅、栗橋駅、南栗橋駅で、それぞれ手分けして街頭募金を呼びかけました。

 各地域での募金活動に参加した議員の募金活動の写真です。
 7月27日 モラージュにて 上篠、大橋、長谷川、盛永、渡辺、川辺、田中議員
f0153547_20580044.jpg
f0153547_21010968.jpg
f0153547_21010887.jpg
 ヨーカドーにて 平沢、斉藤、園部、丹野、成田議員
 他に鈴木議員も参加していましたが、写真には写っていません。
f0153547_10002780.jpg
f0153547_10171862.jpg
f0153547_21045981.jpg
f0153547_21052542.jpg
7月30日 久喜駅にて 猪股、平間、渡辺、園部、春山議員
f0153547_21113069.jpg
f0153547_21113052.jpg
f0153547_21123317.jpg
南栗橋駅にて 石田、田村議員
f0153547_21134336.jpg
東鷲宮駅にて 杉野、新井議員
f0153547_21173280.jpg
7月31日 栗橋駅にて 宮崎、柿沼、並木、石田議員
f0153547_21191947.jpg
f0153547_21192051.jpg
鷲宮駅にて 杉野、上篠、川内議員
f0153547_21204359.jpg
 各議員は義務参加ではありません。
 それぞれ自主的に、都合をやりくりして参加しました。
 市民の皆さんから合計で、14万6610円の募金をいただき、それに議員全員で13万5000円(5000円×27人)を加えて、28万1610円を日本赤十字社埼玉県支部を通じて、被災地に送りました。

# by tomoni_k | 2018-08-02 21:39 | いいもの

【「変」だ】 久喜駅西口広場の、こんな惨状

 8月2日の朝、久喜駅西口で『声と眼』の配布を終えて、広場のガス灯の支柱が破壊されているのに気がついた。
 明日、市の都市整備課に連絡しておこう。
f0153547_18430096.jpg
 下の写真は、花を植えたプランターが広場の掲示板のウラに寄せられているのは、祭りの際に広場の端に片付けたのが、そのままにされているのだろうか。
 もう、戻してあげた方がいいのではないか。
f0153547_18430180.jpg
 広場のタイルがはがれて散乱しているのは、やっぱり祭りの時に壊れたのだろうか。
 補修した方がいいのだろうな。
f0153547_18510477.jpg
f0153547_18510435.jpg
f0153547_08072178.jpg



# by tomoni_k | 2018-08-02 18:55 | 「変」だ

【いいもの】 ヘルプマークとヘルプカードをもらってきました

 埼玉県で「ヘルプマーク」の配布が7月23日からスタートしました。
 私も青葉4丁目在住の市民の方から頼まれていたので、さっそく市の障害者福祉課にもらいに行ってきました。
 6月議会の一般質問で、理由を問いただしたりしないで気軽にもらえるようにすべきだと要求していたので、さて、どういう対応をするのかと思っていましたが、別に、だれに頼まれたかとか、その人がどういう障害を持っているかなど聞かれることもなく、すぐに渡してくれたのでホッとしました。
 私のすぐ後にも、お年寄りの方がもらいに来ていましたが、気持ちよく交付してもらえたようでした。

 6月議会では、特に私は、久喜市で早急に「ヘルプカード」を作成してヘルプマークといっしょに渡すように求めました。
f0153547_22205507.jpg
【ヘルプマークと猪股による試作の「ヘルプカード」】

 県内では昨年度までに23市町が「ヘルプカード」を独自に作成していましたが、残念ながら久喜市ではまだ作っていません。
 せっかくヘルプマークを交付するのですから、久喜市でもすぐに「カード」を作成して「マーク」といっしょに交付するのがあたりまえです。
 市では最初、ヘルプマークの配布スタートまでには間に合わないようなことを言っていたのですが、準備期間が1か月もあるのに作成できななんてことがあるはずはありません。
 猪股が個人的に1日で試作してみたものを議会で配布したのですが、当局もようやく、「できるだけ早く作成して交付したい」と答弁しました。
 それでも、行政の仕事の遅さはわかっていますから、正直なところ、「23日までに間に合うかな」と心配していたのですが、いっしょに渡してもらえました。
 課長によると、これは「暫定版」で、とりあえず200枚を作成したそうですが、割合といい出来です。
 これから「本格版」を作成することになるのでしょう。

【久喜市作成の暫定版「ヘルプカード」】
f0153547_22205536.jpg




# by tomoni_k | 2018-07-26 22:27 | いいもの

【いいもの】 エッシャー展に行ってきた

上野の森美術館で開かれている「エッシャー展」に行ってきた。
f0153547_22032034.jpg
初めてエッシャーを見たのは、確か高校生の頃だったと思う。
なにで見たのかは思い出せないが、その後、学生の時に『少年マガジン』の表紙を飾ったのは鮮明に覚えている。
一つの絵の中で、白から黒へ(黒から白へ)、光から闇へ(闇から光へ)、夜が昼へ(昼が夜へ)、空から地へ(地から空へ)とすり替わっていく。
一つの物体としての生き物がいつの間にか、別の何ものかに変わっていく、上と下、右と左、裏と表、内側と外側、内部と外部、自分を見つめる自分とさらにそれを見ている自分、2重3重の視点と世界のありようを想定してみる、4次元的な、そして複眼的なものの見方とその表現にショックを受けた。
それから、試しに、メビウスの輪を作って、ひっくり返してみたり、2つに切ってみたり、2回ひねったらどうなるか、それを絵に描いてみたりした。
クラインの壺はどうしても作れなかったし、絵にも書けなかったのは、後から考えればあたりまえだが、ひとしきり夢中になったものだった。
f0153547_22091453.jpg

# by tomoni_k | 2018-07-23 18:01 | いいもの

【いいもの】 ガルガモの営巣

葛西用水沿いの草むらで、カルガモが卵を温めているのを、偶然に見つけてしまった。
ランニングや散歩の人がしょっちゅう通るこんな場所に、よく巣を作ったものだ。
たまたま親鳥が離れていた時に覗いたら、6~7箇の卵があった。
烏や蛇に狙われないように、祈るばかりだ。
f0153547_18480279.jpg

# by tomoni_k | 2018-07-08 18:53 | いいもの

【「変」だ】 街路樹は去年までと同じ強剪定

青葉中央通り(バス通り)のプラタナスの街路樹。
毎年、7月ごろに強剪定して枝葉をほとんど落としてしまう。
この剪定の仕方はおかしいだろうと、毎年のように言ってきた。
一昨年に「街路樹管理指針」を策定して、少しは変わるのかと思ったが、結局、今年も同じだった。
f0153547_16002418.jpg
 29日の午前中に、造園業者が片っ端から剪定しているところに通りかかった。
 もう北側の歩道はきれいに剪定が終わって、南側(団地側)の半分くらいまで進んでいる。
昨年までと、いったいどう違うのだろうか。
 久喜市の行政は、「街路樹管理指針」なんてあってもなくても、自分たちで策定しても、まったくそれにはとらわれないで、前例踏襲、今まで通りにやっていればいいということなのだろう。
 下の写真が、「完了」後である。
f0153547_17370793.jpg

# by tomoni_k | 2018-06-30 16:13 | 「変」だ

【「変」だ】文字が 小さすぎて読めない-ッ!!!

5月中旬に、市から納税通知書がきた。
しかし、文字が小さすぎて読めない-ッ!!!!!!! 
f0153547_16201253.jpg
f0153547_16201212.jpg
金額の欄も小さいが、それでも数字はゴシックで太字だから何とか見える。
しかし項目欄の明朝体の青字は見えない!
ましてや、裏面の説明の文章は、文字が小さすぎてまったく見えないし、読めない!
老眼鏡をかけても読めないし、見えない!
市は、わざと読ませないようにしているのか!
どうせ読んだって、複雑な税の仕組みや計算などはわからないだろうから、読まなくてもいいということか!
それとも、ハズキルーペを買えということか!?
どうせ読まれないんだから、通知書自体を極小サイズにして、紙代・印刷代を節約した方がいいという判断か!
もっとも、この文章の説明もわかりにくくて、読んでもわからないのは確かだろう。
わかりやすく書いて、わかってもらおうという気持ちなど、最初からないかのようだ。
それでもせめて、文字くらいは読めるくらいに大きくしてはどうか!

# by tomoni_k | 2018-06-24 16:37 | 「変」だ

【いいもの】 ヘルプマークとヘルプカード

 26日の一般質問で、ヘルプマークとヘルプカードの配布を求める質問をする予定です。
 これは私が、5月中旬に豊島区役所でいただいてきたヘルプマークです。
 埼玉県でも遅まきながら今年度から、ヘルプマークを作成して、各市町の窓口で7月下旬から配布する予定になっています。
f0153547_11444200.jpg
 豊島区役所ではヘルプマークといっしょに、豊島区で独自に作成した「ヘルプカード」をいただきました。
 埼玉県内ではヘルプマークはこれからですが、「ヘルプカード」はすでに30市町以上で作成していて、今後、県が作ったヘルプマークといっしょに配布する予定です。
 久喜市では「カード」はまだ作られていません。
 早急に作成して、県の「ヘルプマーク」といっしょに配布するべきではないでしょうか。
 これは、豊島区のカードをお手本にして、私が試作してみたものです。
f0153547_11522606.jpg
ーーーーーーーーーーーーー

【「変」だ】 政党の手柄争い?
 実は、今回の議会では斉藤議員も「ヘルプマークの配布」について、一般質問1日目の21日に質問したのですが、その中で、ヘルプマークは公明党が取り上げた政策であるといっしょうけんめい力説していたのが気になりました。
 この方たちは福祉の政策を政党の手柄争いに利用したいらしいのですが、何か大きな勘違いしているのではないでしょうか。

# by tomoni_k | 2018-06-23 12:02 | いいもの

【いいものだけれど】 カルガモの親子

葛西用水に、今年もカルガモの親子が姿を見せた。
6月7日、まだ卵からかえったばかりのような小さいヒナたち、9羽を連れた母ガモ。
f0153547_17225829.jpg
ところが翌日(7日)、ヒナは8羽になっていた。
鳥は数を数えられないと聞いたので、母ガモは、ヒナが減ったことに気付かないのか。
f0153547_17225810.jpg
あらら・・・
今日(8日)には6羽になっていた。
f0153547_19052863.jpg
迷子のヒナたちはどこに行った?
カラスか何かにさらわれたのでなければいいが・・・
果たして、何羽が生き残るのだろう。

# by tomoni_k | 2018-06-08 17:28 | 「いいもの」だけれど

【いいもの】 キジは大いに繁殖しているらしい

鷲宮から流れてくる葛西用水路の付近で、よく雉を見かける。
もちろん野生で、朝に夕にさかんに右岸(久喜市青毛)と左岸(鷲宮・上川崎)で鳴き交わしている。
これはオス同士で縄張りを主張し合っているのだろうか。
昨年にはヒナを連れているのを見かけたから、親子かも知れない。
大いに繁殖しているのだろう。
f0153547_17514044.jpg
【参照⇒2015年 雉が鳴いた】へのリンク



# by tomoni_k | 2018-06-04 18:00 | いいもの