2018年 08月 10日 ( 1 )

【「変」だ】 危険へ誘導する点字ブロック

ある大きなホテルの玄関前のステップの端に、点字ブロックが敷設されていました。
でも、何かおかしい。
f0153547_07553066.jpg
これはおそらく、視覚に障害のあるお客さんが玄関を出てきた時に、段差があることを知らせるために設置したのでしょう。
しかし本来ならここには、点状の【警告ブロック】を設置しなければならない場所です。
実際に設置されていたのは、線状の【誘導ブロック】で、これは『線の方向へ歩けば安全ですよ』というサインです。
この【誘導ブロック】に沿って歩いて行くと、突然、段差の終わりで点字ブロックが途切れて、視覚障害者はステップを踏み外すことになります。
いや、ステップの端まで行く前に、歩いている途中で踏み外す危険もあります。
視覚障害者を危険に誘導する点字ブロックだと言わざるを得ません。
この記事は、当該のホテルを告発することを目的に掲載したのではありません。
いまだに点字ブロックに対する間違った理解、間違った設置方法が残っていて、放置されている現実があるということです。
そして、私たちの身近にも、こうしたケースがないかどうか、気をつけて見ていく必要があります。
もちろん、このホテルには、メールで指摘させていただきました。
[PR]

by tomoni_k | 2018-08-10 08:09 | 「変」だ